充実した疲労

昨日は朝から家をでて昼から社会人都リーグの審判、公式戦、18時からタワーFCさんにお招きをいただいての合同練習会とサッカーのフルコースでした。

さて審判はアクティブレフェリーの仲間でもある小西さんが主審を担当していただき、U-15別府コーチがA2、工藤がA1という布陣でした。
さすが小西さんというレフェリングを見せていただきまして、またまた勉強をさせていただきました。

試合はといいますと、社会人は仕事と言うハードルがあり、厳しいながら9人での戦いとなりました。
成太のゴールで先制をしましたが、前半終わりに疲れの見えたところにヘディングで合わせられ同点にされ、後半に点を入れられ逆転というまさに絶体絶命という状況でしたが、最後の最後にディフェンス二人を残しての攻撃で、成太が執念の同点ゴールを決め、貴重な勝ち点1を獲得しました。
別府コーチも急遽出場、工藤も出場と言う本当に緊急な9名だったわけですが、ここで引き分けたのは本当に大きなものでした。
別府コーチは残り5分で足を痛め外に、私は試合終了のホイッスルと同時に両足がつるという、二人とも審判も試合も気力だけで乗り切ったものでした。

このところの北区では1点差ゲームでずっと負けていたわけですが、その時になにが足りないのか、11人いれば今日と同じパフォーマンスをすればどういうことになるのか、それぞれが感じたことでしょう。
仕事などで出場できなかった選手は、この充実感を味わうために、試合に必死で臨んでください。

18時からは東京タワーそばでタワーFCのお招きで合同練習でした。
練習試合をするまでの人数は揃わないため、練習と言う形ですが、お互いをそれぞれ合わせて練習試合もしました。
ジュニアユースの選手達は密度の濃い練習と、いつもはできない広いグラウンドでの練習試合に、心地よい疲れで帰宅した模様です。
タワーFCさんのお招きに感謝すると共に、一日を振り返って私にサッカーを与えてくれたみんなに感謝をしたいと思いました。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です