ごぶさたしておりました

ここ一ヶ月ばたばたとしておりましてこちらのブログに向かう気力までありませんでした^^;

ここ二ヶ月くらいの活動とともにNSPの活動をお知らせいたします。

まずは審判活動です。
FC台東 U-15についてはNSPクラブおよび台東区審判委員会として派遣活動を行っております。
現在は高円宮杯の二次リーグで、こちらを台東区審判委員会とNSPクラブで審判を割り当てて行っております。

工藤はと申しますと、ここ最近だけでも都学連春季対抗戦が主審二試合、東京都社会人二部の副審が二試合、U-15派遣が二試合、U-18派遣が一試合(ともに主審)、そして明日が久しぶりのT-1の副審となっています。
それ以外にもFC台東の帯同をしていますので、仕事以外は審判をしているんじゃないの?と家族に突っ込まれそうな勢いです。
ちなみに明日は国士舘高校 対 早稲田実業高校の副審で、レベルの高い試合となりそうですので体調をきっちりと整えて臨みたいと思っています。

コーチ業は相変わらずで、成太はFC鈴鹿ランポーレの監督として動いていますが、残念ながら今年の全国社会人には出場ができないようです。
先日のトーナメントでJFLから今年東海社会人に落ちた刈谷に負け、そのチャンスがなくなってしまったのです。
東海社会人はといえば残念ながら先日も敗退してしまい、藤枝MYFCが突っ走る状況でこちらも優勝は難しくなってしまいました。

工藤はFC台東のコーチとして高円宮杯からベンチ入りしていますが、残念ながら勝利を得ることができていません。
今年から見ている子供達とはいえ、私は負けるためにベンチにいるわけではありませんのでたいへん悔しい思いをしていますが、選手達がそこまで思っているのかたまに疑問になってしまいます。
せっかくクラブチームを選んだのですから、自分はなぜそこにいるのかを考えて、今するべきことを実行して欲しいと思っています。

小学生および中学生のクラブチームですが、再開は来年度以降としました。
中学生は新規になると思っていますが、小学生はさまざまな方向性を考えながらいこうと思っています。
しかしながら、葛飾区連盟がNSPクラブおよび工藤に対して、処分がどうのと言っているのが聞こえてきました。
NSPクラブおよび工藤が処分される覚えはなく、また中学生のクラブに関して昨年度まで所属していた監督のことだと述べるのであれば、それは間違いなく筋が違う話ですので、葛飾区サッカー連盟などにNSPクラブと工藤の地位の確認をしようと考えています。

実はその話も今年の頭には聞いていたわけですが、クラブユースへの加盟に当たってのヒアリング時に、あるチームの関係者の方から聞き及んでいました。
ですのでやっと落ち着き、2012年まで半年を切ったこのタイミングで解決をしようと考えています。

サッカースクールではアシスタントコーチを求めています。
水曜日の15時からのコーチを特に求めています。
謝礼は応相談で・・・
よろしくお願いいたします。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です