U-20 ワールドカップを見ていて

日本も強くなったな・・・と感じたのですが、結果は残念ながらPK負けでした。
あの試合でPK3本、退場二人(藤田のは止むを得ませんが)とは審判に難があったとは考えていますが、どちらにしても負けは負けです。

強くなったなと感じたのは、ボールポゼッションが60%を超えていたことと、あのチェコが日本相手に引いたということです。
ヨーロッパのチームは日本相手に引くことなど今までしたことなどなかったでしょう。
所詮「アジアの国」でしかなく、ワールドカップではおちこぼれ大陸としか欧州や南米では思われていないでしょう。

しかしそのアジアの国相手に引くということをしたチェコの監督は、日本の若手が所謂「アジアの国」にはなかったものを見ていたのではないかと予想しているのです。
ようやく日本も普通の国と見られたのではないかと言うことで、日本サッカー界の方向は今のところは間違っていない部分もあると捉えられるのでしょう。

まあ得点力不足という意味では、やはり傑出したストライカーが生まれていないことが原因であるのは間違いないわけで、古くは釜本氏、十数年前では三浦知良のような本物のストライカーが生まれなければならないと感じるのです。

そういう意味ではU-20では森島に期待できるのですが、しかしカズのような「欲しいところで点を取ってくれる」という妙な安心感は感じられないわけで、今後の成長に期待をしたいところです。

さてスクールやクラブではそういうストライカーを養成したいと考えています。
プロ経験はありませんが、若い頃の私はトップでありストライカーであったと思っています。
今は「トップができる選手」でしかありませんが・・・(苦笑)

ストライカーにはある意味の傲慢さが必要ですし、キャラクターとして「何か」を持っていなければならないと思っています。
強い心、強い体(大きいと言うことではなく)、そして強烈なキャラクターを備えてこそストライカーとなるのだと考えています。

そういうキャラクターを見つけたとき、伸ばすことのできるようなそんな環境を作っていければと思います。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です