クラブチームの選び方

長くサッカーにかかわっていると(しかも、審判やコーチとして育成年代にかかわることも多いので)、仕事仲間や知り合いの方々から「うちの子、今度中学生なんだけれど、いいクラブチームないかなあ?なんて相談を受けることが多くあります。

その際に少なくとも「私が見て思うこと」というのをそういう方々に伝えていますので、それを今日はご紹介したいと思います。

まず第一に試合を見ていて思うのは、監督やコーチが選手に対して罵声を浴びせるようなチームはおすすめしません。

強豪であったとしても「あそこはこういう声掛けがあるよ」と言いますし、それでサッカーが嫌いになってしまったら元も子もありませんので、必ず試合や練習を見に行くことをおすすめします。

インストラクターという立場もあるため、社会人から小学生までさまざまな試合を見させていただいていますが、一種(社会人、大学)であっても未だに選手に対して「てめえなにやってんだよ!」なんて声もきかれますし、対等ではない関係の中で(コーチと学生なんてそうですよね)まるでパワハラのような怒鳴り声が聞こえてくることがまだまだあります。

そのようなところに、例え強豪だとしても選手たちが伸び伸びと楽しくサッカーを行うことは難しく、到底「厳しい」というのと「パワハラ」は違うわけで、根本的にその厳しさが異なってくると考えます。

中学年代においてはそのコーチや監督の言動が、後々の人格形成にもかかわってくると感じるため、到底そのような監督やコーチがいるところはおすすめをしません。

J下部のクラブに言ってみればわかりますが、練習の「厳しさ」は怒鳴るとかそういうことではなく、身体をイジメる、試合で使うテクニックを身に着けるための厳しさであって、選手に対してのコーチからの圧力ではないということがよくわかります。

前に子供がピアノを習っていた時のある先生(すごく著名な方です)の言葉を思い出します。

「わたし子供の頃に厳しい先生で、よく怒鳴られていたんですよね」とある保護者の方がその先生に聞いたところ、その先生は「ああ、そういうアマチュアな指導者と呼ばれる人がいるんですよ。つまりは自分の伝えたいことを子供達に伝えられないから、できないことに対して怒鳴るんです。子供たちは素直ですから、わかる言葉で伝えるだけでいいんですよ。それがプロです」という言葉でした。

なるほど、怒鳴る人と言うのは結局のところ選手たちに伝えきれないことを怒鳴ることで「言うことを聞かせよう」としているだけのことであって、例え強豪だとしてもそのコーチはアマチュアでしかないわけだということです。

クラブチームは決して安くない会費を払うことになるわけですから、アマチュアの指導者であってはならないと考えます。

その観点から言うと、本来クラブチームではコーチとしてプロフェッショナルが求められるが、中にはアマチュアのコーチがいて、伝えられないことを怒鳴ることで発散するということになるわけです。

まあ、私たちの世代には怒鳴られて育てられたため、それしかできないという人がいますが、それはいい加減考え方を改めなければならないというわけです。

さて、ではどういうクラブをおすすめするかといえば・・・「選手にあったレベルで、楽しく行うことができるクラブ」ということになります。

これは極めて難しいことなのですが、しかしクラブは一つしか選ぶことができないため、私がヒントとしてお伝えするのは、優れた指導者は〇〇と△△と××にいます、レベルはこうですとお伝えして、実際に見に行くことをおすすめするのです。

優れたコーチというのは決して強豪だけではなく、市井にいらっしゃいますのでT-3であろうとも選手の育成を考えた指導をしている監督やコーチがいらっしゃいます。

将来、プロを目指すならT-1や関東なんて考えますが、あまりにも多い選手数に、試合の最中に見学や声出しだけなんてのは、ただただ残念な時間だと思います。

私であれば、声出しの時間はもったいないのですから、別のところで練習や練習試合をした方がいいと思います。

ただし、それが例えば関東大会に進出するところであったり、全国大会出場を決めるという大会なら別ですが、リーグ戦であるとしたなら、そのような応援は不要だと考えます。

まして、そうした強豪はパイの数は決まっているわけですから、セレクションが必ずありますし、確実に入ることはできないわけです。

セレクションに通れば素晴らしいことですが、もし中学年代で成長が一時止まってしまい(もしかしたら高校年代で伸びるかもしれない)試合に出られることがなかったりしたら、それはそれでもったいないため、どこを目指すのかという明確な目的は必要だと感じます。

例で言えばとうとうこの四月で国士舘大学の四年生となる澁谷雅也の例を挙げますが、彼は江戸川区の中央SCからジェファU-15を経由して國學院久我山へとすすみました。

彼は小学校の頃から「プロになりたい」という明確な目標があり、小学校6年生の時にはJ下部にチャレンジしましたが叶わず、しかしその後の努力で高校時代にはJリーグのチームからも目を掛けられるような選手になっています。

今年は四年生になるため、プロとなる最後のチャンスだと考えますので、彼の小学校からの夢がかなうのか見届けたいと思っています。

彼のように例えばプロになりたいという明確な目標があればいいのですが、そうではなく「できるならプロになってみたい」とか、プロは無理だけれど自分のできる一番いい条件でやってみたいとか、その個人のレベルにあったチーム探しというのがキーになると思っています。

T-3のあるチームでも高校の強豪に入ってプロを目指した子も見ました。

残念ながらうまくいかなかった子もいましたし、アジアでプロサッカー選手をやっている子もいます、ですので今だけを考えるのではなく、将来どうしたいのかという目標設定をしてみて、そこに到達するための中学年代を過ごすクラブを探してみようという目標を立てるのが「自分にとっていいクラブ」を探すコツだと考えます。

そこに保護者が役に立てるとしたなら、大人の目線であのコーチはプロフェッショナルなのかという目であり、育成をどこまで本気で考えているのか(コーチの中にはその順位が生活につながるような人もいるため、目先の勝利しか考えないような人もいらっしゃるようです)ということを、大人の目で見てアドバイスをすることができればと思います。

少し抽象的な部分もありますが、ぜひお子さんにあったクラブチームがみつかるようにと願っています。

サッカーの指導・チーム運営について思ふこと

これは前横浜の筒香さんに届いた野球少年のお母さんからの手紙についての記事です。

行き過ぎた「指導」とか、必要以上のクラブへの協力とか、はっきり私は必要ないと思っています。

もちろん率先して子供達に蜂蜜レモンを持ってきてくださる方とか、お弁当を用意していただける保護者の方には本当にありがたいことだと思います。

私が現場に立っていた時には食育を含めてやっていましたので、コンビニのおにぎりやハンバーガーショップで済ますランチではなく、バランスを考えた食事を「作っていただけると助かります」と話をしていました。

そりゃ毎回は難しいため、たまにはコンビニで買ってねという方もいらっしゃいましたが、それは家庭の事情もあり仕方がないことだと理解していました。

しかし、記事中のコーチへのお菓子だお茶だなんだと、なんでそのようなものが必要なのか不思議でなりません。

コーチは保護者の方々などから施しをしてもらうべきではないと考えていますので、基本的に皆さんからという以外のものは受け取りません。
少なくとも私はそうしていました。

みんなが一緒に用意していただいて「コーチよろしかったら」と言っていただいた時のみいただいたりしたものですが、普段はそういうものを受け取ったりいただいたりしないようにしています。

なぜならそれが義務になってしまう恐れがあるのと、もう一つは特定の方から受け取ってしまうと、その特定の子供をひいきしているように見られる可能性もあるため、安易に受け取ることなどできないわけです。

あの子の方が何分多く出ているなんて、本気で言ってくる保護者の方がいらっしゃると、他のクラブの方か聞いたりすることさえあります。

そもそも「指導」なんておこがましいと思っています。

サッカースクールで勝手に育った選手が、その後活躍してくれるのは本当に頼もしく思うのですが、じゃあそれは自分たちのおかげかといえば全くそうは思いません。

全部が全部違うとも言いませんが、少なくとも何かヒントをプレゼントできたかもしれないとは思いますが、「俺があいつを育てた」なんておこがましくて言えません。

いまたくましく育ったスクールの一期生は大学生となり、関東大学などで活躍する選手も出てきました。

しかし、それは本人の努力と、家庭の協力があったからこそできたことであり、コーチが指導をしたからうまくなったわけではありません。

ただ一緒にサッカーをやる中で、彼に何をつかんでもらうのかを考えながら、ただグラウンドで一緒に考え、ボールを追いかけただけです。

それを指導というのでしたら勝手にそういえばいいのでしょうが、私は一緒にサッカーをやることだと思っているので、偉そうに指導などとは言いません。

それは高木成太も一緒で、育てたなんて考えたこともないと言います。

そうやって考えると、子供達に厳しすぎる、度を越した声掛けをするような「指導者」とか、暴力的な指導者などなにを考えているのやら?と思います。

自分では普通の声掛けだと思っていたとしても、周りで聞いている人が「おいおい」なんて思っているのはたぶん「しょっちゅう」なんでしょう。

育成世代でそういう声もよく現場で私も聞きますし、通りかかったグラウンドから罵声が聞こえてくるなんてのはしょっちゅうなわけですから、思ったよりも根が深い問題だと思っています。

私はある時に悪ふざけをした子供を叱ったことがあります。

他の子供に迷惑をかけるような行為がありましたので叱りつけましたが(怒鳴るとかではなく、諭す喋り方です)、親御さんには理由とかけた言葉と内容を説明し、もしお宅の教育方針と違うようなことがあればなんでもおっしゃってくださいと申し上げました。

怒られることを覚悟していましたが、その保護者は「コーチのことを信用しておりますし、普段叱ることのない人がなぜ叱ったのか、また理由がわかりますので私共としてはむしろ感謝しています」と言っていただいたのです。

叱るということは誉められたことではありませんが、小学生の育成年代というのは、友人間での問題などが発生した際には、ある程度コーチが間に入る、注意をしておく必要があると思っています。

その際にどうしてもこれはダメだと判断したときにはじめて「叱る」ということになったわけです。

もちろんその時にも声を荒らげるのではなく「なぜこういうことをしたのか。なぜ友人に対してそういう行為に及んだのか。きちんと考えなさい。」と投げかけましたが、彼は家に帰ってお母さんと話をしたそうで、次のスクールの時に「コーチ、この間はすいませんでした。(中略:本人が行った内容分析)もうしません。」と言ってきましたので、彼とは握手をして「頼むぞ」とやっただけです。

その後、彼は二度と友人に対して同じようなことをしませんでしたが、それは彼の中にきちんと考えが生まれたからだと考えています。

私は審判指導においてもこれから今まで以上に取り組んでいこうと考えていますが、同じように考えさせるということを主眼にして、良い審判になってもらえるようなことができればと思っています。

だからこそ「自分が育てる」ではなく「勝手に育ってくれる」そういう審判を見守っていきたいと考えます。

おとうさんレフェリーに思うこと

先日、割当でいった先で「今年からアクティブレフェリーになりました」という方と組ませていただきました。

お子さんは中学校1年生と言うことで、昨年までお子さんのチームの帯同レフェリーとして活動されていたそうです。

そして、お子さんが小学校を卒業されたので、審判をする場を求めて東京都のアクティブレフェリーになったとのことでした。

アシスタントを懸命にこなす姿、きれいな立ち姿に、これからもぜひアクティブレフェリーとして頑張っていただきたいと思いました。

その方は競技者の経験はないそうですが、お子さんがサッカーをやるということになり、審判資格を取ってチームと子供の手伝いをする目的ではじめたわけですが、実際にやってみるともっとやってみようかとなったことに対して、本当にありがたく思いますし、こういう方こそぜひアクティブレフェリーとして活動していただきたいと願いました。

せっかく審判資格を取り、しかも3級審判員となり、活動の場所がなくなったのでしたら、ぜひともアクティブレフェリーとして来ていただけたらと思います。

競技経験がなくても、審判の能力向上やジャッジへの向上は必ずできます。

先日お会いした方にもサッカーをプレーしてみることを提案いたしましたが、初心者向けのサッカーがなかなかなかったり、初心者向けフットサルとなっていたのに行ってみたらガチだったりということで、場所を探しているそうですが、プレーをすることで競技者の気持ちや考えというのが参考になると思いますので、ぜひともやってみてくださいと申し上げました。

ぜひお父さんチームでプレーをしてみたり、地域のお遊びのチームでプレーしてみたりと、そういう経験をすることで確実に審判としての質の向上は見られることになります。

そのうえでアクティブレフェリーとして活動をすることができたなら、きっと都道府県のサッカー協会はみなさんの力を認めてくれるものだと考えています。

また、都道府県サッカー協会は皆さんの力を欲しています。

ぜひともアクティブレフェリーとしてご参加いただき、より高いレフェリングを目指してみませんか?

私はおとうさんレフェリーこそ今求めている人材だと考えます。