高いプレーレベルを持った審判の登場と、競技規則と

12月3日、味の素スタジアムでFC東京と東京武蔵野シティFCの練習試合が行われました。

そのレフェリーに立ったのは、拙Blogでも紹介したことのある御厨貴文さんでした。

【紹介記事】FC東京と東京武蔵野シティFCの練習試合は主審がサプライズ!? なんとレフリーは御厨貴文さん(2016/12/03)-タグマ
【拙Blog】Jリーガーからレフェリーへ!

Jリーグのトップレベルでのプレー経験がある御厨さんのレフェリングを見ることはできませんでしたが、当日にプレーヤーとして参加していた選手に感想を聞くことができましたが、「選手の気持ちや、プレーの強さを理解してくれる元Jリーガー審判がもっと生まれてほしい」というもので好評だったのだと思います。

Jリーグのレフェリーのレベルがどうこうというわけではないのですが、プレーヤーとしてはそのベースにあるサッカー経験が気になることもあるのは事実です。

プレーレベルに応じた危険なファウルを察知することができるのかというのは、重要なファクターになると思っています。

例えば、私が経験したものではボールを保持してドリブルをはじめ、あと数歩でトップスピードという前傾姿勢の時に、「トン」と背中を押されただけで前方へ転倒の危険性があります。

しかしながらレフェリーはサッカーコンタクトだと認識してファウルにしない場合、私はストレスがたまることになります。

実際に私は転倒しそうになり、相手選手へ「危ないじゃないか」と言いましたし^^;

ところが相手競技者もレフェリーがファウルとしないのですから「危ないだろ」と言ったとしても「レフェリーが取ってないんだから問題ないんだよ」となります。

ですが、意図を持ったファウルであるのは事実であり、無謀に行った場合には警告が示されることになります。

そうしたある程度レベル以上のプレーヤーとしての経験が、レフェリーにはない方がまだまだ多いため、そうした経験を持ったレフェリーを増やしていくのも日本サッカーには必要なのだと感じます。

先ほどのプロサッカー選手の話で、気になることがありました。

「指先で押したとしても、ボディコンタクトになるので厳密に言えばファウルになる」と言っていました。

その時は時間がなかったので説明ができませんでしたが、指先でチョンと押すくらいでは「直接フリーキックとなる反則」にならないのは、競技規則に書かれています。

競技規則のP.81を見てみましょう。

ファウルと不正行為

12条
ボールがインプレー時に反則や違反があった場合にのみ、直接、間接フリーキックまたはペナルティーキックを与えることができる。
1. 直接フリーキック
競技者が次の反則のいずれかを不用意に、無謀に、または、過剰な力で犯したと主審が判断した場合、直接フリーキックが与えられる:
• チャージする。
• 飛びかかる。
• ける、またはけろうとする。
• 押す。
• 打つ、または、打とうとする(頭突きを含む)。
• タックルする、または、挑む。
• つまずかせる、または、つまずかせようとする。
身体的接触を伴う反則が起きたときは、直接フリーキックまたはペナルティーキックで罰せられる。
• 不用意とは、競技者が相手に挑むとき注意や配慮が欠けていると判断される、または、慎重さを欠いてプレーを行うことである。懲戒処置は必要ない。
• 無謀とは、相手競技者が危険にさらされていることを無視して、または、結果的に危険となるプレーを行うことであり、このようにプレーする競技者は、警告されなけれ
ばならない。
• 過剰な力とは、競技者が必要以上の力を用いて相手競技者の安全を危険にさらすことであり、このようにプレーする競技者には退場が命じられなければならない。

ここに書かれているのは、直接フリーキックになる7つの条件です。
「チャージする」「とびかかる」「ける、またはけろうとする」「押す」「打つ、または打とうとする」「タックルする、または、挑む」「つまずかせる、または、つまずかせようとする」
先ほどの「指で押す」というのは「押す」という部分に当たります。

しかし、ファウルの判断では、それらが「不用意に」「無謀に」「過剰に」行われたときに直接フリーキックが与えられることになりますので、「指でチョンと押す」という行為は「直接フリーキックとなる反則」になることはありません。

厳密に言えば「反則」であるとも読み取ることはできますが、直接フリーキックとなる反則ではないため、試合には影響を与えることのないボディーコンタクトが問題ないのは議論に値しないため避けますが、彼の意図しているであろう「反則」とは試合に影響を与える反則と言葉の中で読み取ることができたので、競技規則に書かれているものは違いますと伝えたいと思います。

・・・ので、関係者の皆さん彼に伝えてあげてください^^;

全国地域チャンピオンズリーグが終わって

JFLチャレンジでもある全国地域チャンピオンズリーグが終わりました。

結果はJFAのサイトにも上がっていますが、FC今治(ワイルドカードで進出)、ヴィアティン三重がそれぞれJFLへの昇格をほぼ決定しました。

FC今治は全勝での勝ち上がり、ヴィアティン三重はFC鈴鹿アンリミテッドとの一勝一敗同士で迎えた三重県ダービーに勝利し、それぞれ昇格を手にしました。

この10年M.I.E.ランポーレ時代からFC鈴鹿アンリミテッドを見ていましたが、本当に残念な、あと一歩届かなかったことを残念に思っています。

そして同時にランポーレから応援し続けていた鈴鹿のサポーターの皆さんを、私はチームと同様かそれ以上に応援していたのだと感じました。

鈴鹿の応援席はきっとほかのクラブにはない、子供や女性も安心して応援できるような、そんなサポーター席になるのではないかと期待しているだけに、FC鈴鹿のチャレンジを止めていただきたくないと思います。

それにしてもFC今治の決勝リーグの進め方は上手であったと思いました。

初戦の鈴鹿戦を2-1で退け、ヴィアティン線を3-0とすることで、二日目には二位以内を確定させていました。

今回は三菱水島に全国社会人からの流れのような強さを感じることができず(結果は三敗でした)、二戦目で昇格を確定させたFC今治は試合巧者であったのだと感じます。

ゼットエーオリプリのスタンドにもJFA関係者が多くいたことでもわかるように、FC今治は注目されていたわけですが、それに確実に応えたということでしょう。

岡田代表の二戦目勝利後の笑顔にすべてが表れているように思いました。

ヴィアティン三重は三戦目が背水の陣だったのだと試合後に感じました。

FC鈴鹿アンリミテッドは、一戦目を落としながらも二戦目は三菱水島に3-0で勝利しました。

対してヴィアティン三重は0-3でFC今治に負けていたのですから、チームの勢いからいけば鈴鹿だったのではないかと思います。

そして直接対決ではペナルティエリア内でファウルを受けた鈴鹿が、PKを確実に決め1-0とリードします。

しかし、前半途中までは鈴鹿の流れであったものが、中盤を過ぎたあたりからヴィアティンが有利になり、前半で逆転をします。

後半で切り替えをしたかったものの、結果として後半最初にゴールを奪われてしまった鈴鹿は、落ち着きを取り戻すことができずに敗戦しました。

サポーターの方々は最後まであきらめずに応援していましたが、ピッチ内の選手たちは三点目を奪われてしまったときに腰が折れたように見えました。

そして四失点目・・・そこで勝負がついてしまいました。

FC鈴鹿アンリミテッドは三回目の地域決勝大会から含めた三度目のチャレンジで決勝リーグに進みましたが、結局今迄の経験を生かすことができなかったと思います。

継承すべきスタッフが全くいなかったのが原因の一つであると感じますし、これは東京23FCにも言えることだと思うのですが、経験者をうまく使うことができなかった、そう感じました。

来年度はFC鈴鹿アンリミテッドは11年目の東海リーグを戦うことになり、ヴィアティン三重はJFLでの戦いとなります。

しかし、今までのJリーグの昇格に対しての姿勢をみると、鹿児島の例を見てわかるとおり、そのクラブの体力から考えると、J3を目指すのであればヴィアティン三重がFC鈴鹿アンリミテッドがJFLに昇格するまでの間にJ3昇格を決めない限り、単独でのJ3昇格は難しいのではないかと感じます。

つまりは三重県のクラブとしてなんらかの方策、具体的には合併などをしていかなくてはJリーグとしては昇格を認められないなどとなるのではないかと思っています。

まして鹿児島の例を見るとわかるとおり、J3に入ってもスタジアムや環境面でJ2に昇格ができないなどの点も挙げられるわけで、オール三重県のクラブでJリーグを目指さないといけないのではないかと感じています。

FC鈴鹿アンリミテッドとしてはクラブの生き残りを考えるなら、来年JFLへの昇格を勝ち取りJFLにまずは昇格しなければならないと考えます。

そのうえで、三重県サッカー協会が何を提案するのかというのが興味深いわけです。

それにしても体力のないクラブが多すぎるのも問題です。

栃木ウーヴァはJFLから降格するところでしたが、降格したら解散するのではないかと囁かれていました。

J3に昇格できなければ解散の危機にあるクラブは多いのではないかと感じるわけですが、それはまだ日本のサッカー文化への投資がなされていないことと、スポンサーの安易な目標と計画があるのではないかと思っています。

スポンサーとなるからには、地域や文化ということを考えていただき、ただの広告塔としての期待をするのではなく、それほど大きなものにチャレンジしているのだということをご理解いただきたいと願います。

スポーツへのスポンサードは広告塔としてよりも、文化を作り上げていく手伝いと認識していただきたく思います。

だからこそ三重県のそれぞれのクラブのスポンサーの皆様は、それぞれのクラブを盛り上げていただきたく、そう願います。

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ一次トーナメントが終わって

全国地域サッカーチャンピオンズリーグの一次トーナメントが終わり、以下のチームが決勝リーグに進むことになりました。

・三菱水島(全国社会人1位)
・ヴィアティン三重(全国社会人3位)
・鈴鹿アンリミテッドFC(全国社会人2位)
・FC今治(四国リーグ)・・・ワイルドカード=各グループ2位の中で勝ち点などの評価で最上位

大会の名前が示しているのは「全国の地域チャンピオン」のはずなのですが、グループ一位抜けしたのはすべて全国社会人トーナメントで出てきたチームでした。

東京では関東を制した東京23FCが出場していましたが、初戦のPK勝ち(90分以内勝利が3点、PK勝ちが2点、PK負けが1点の勝ち点方式)が響き残念ながら決勝リーグに進むことができませんでした。
※勝ち点5で最終戦に鈴鹿アンリミテッドFCと闘い、0-2で敗退して勝ち点5のままでした
PK勝ち以上が必要だったのですが、試合を見ている限り鈴鹿アンリミテッドFCにさまざまな面で負けていたように感じました。
極端な力の差はなくとも、結局地域決勝で三度目のチャレンジ(過去二回は東海チャンピオンとして出場、当時の監督は高木成太:FC鈴鹿ランポーレ)にて決勝リーグに進むことができたわけで、その執念というのもあったのではないかと思われます。

この大会で2位以内に入るとJFLに進出することができるわけですが、とうとう三重県にJと名のつくところに所属するサッカークラブが誕生する可能性が高いこととなりました。

個人的に思うのは、上記の二つのチームが合併して鹿児島のようにJ3に上がるだけの選手層と金銭的体力をつけてほしいと思います。

その意味で勝った方をJFLにし、負けた方はセカンドチームとして東海リーグに残るなどのことも考え、三重県にJリーグのチームを誕生させてほしいと思います。

M.I.Eランポーレ時代から鈴鹿を追いかけてきた私としては、それが三重に初のJリーグクラブ誕生になるのだと、そう考えています。

残念だったのはFC今治以外の地域チャンピオンでしょう。

北海道は毎回同じ顔ぶれとなってしまうのですが、コンサドーレ以外のJと名のつくところのリーグに所属できる本格的なクラブはまだ望むべくもないのか・・・と残念でなりません。

下部組織も含めて、コンサドーレのライバルとなり得るチームが存在することにより、離島とはいえサッカーの北の大地ができあがるであろうため、そちらの強化も願っています。

一番残念なのはFC刈谷でしょうか。

東海チャンピオンでありながら、グループ4位(3敗、PK負けの勝ち点1のみ)となり、同じ東海リーグの鈴鹿と三重が決勝リーグに進んでしまったことは、残念以外の何物でもないでしょう。

しかしながらここ数年を見ていると、地域チャンピオンが決勝大会ころには疲れ切ってしまっていて、今年がその最たる例になってしまいましたが、昨年のラインメール青森と同様、全国社会人トーナメントからの出場チームが勝ち残ってしまう、ある意味この時期にピークを持ってきて全国社会人に賭けるというようなチームが今後も現れてくるのではないかと思っています。

ですから東海リーグでは圧倒的な強さを誇ったFC刈谷でしたが、残念ながらそのピークを地域決勝に持ってこられなかったのは後悔というものではすまないのではないでしょうか。

今月25日から市原のゼットエーオリプリで決勝リーグが行われますが、果たしてどのチームがJFLに昇格するのかを興味深く見ています。

特に三重県から初のJのつく場所へ・・・叶うのかどうか見届けたいと思います。

dsc_0072

dsc_0062