NSP CLUB の歴史を一緒につくりませんか?

と、今日は社会人の選手募集についてです。

社会人のトップチームとして昨年11月からNSP CLUBが動き出したのですが、当初予定をしていた31名中最終的に残ったのは20名となってしまいました。
20名という数字は社会人チームとしては「休日出勤があったら人数が足りなくなる」というものだったりします。

これは1994年から私が率いていたSIMBA FCに言えたことです。
戦力的には他のチームを圧倒しながら、都リーグで二年連続失格という烙印を押されました。
その時のメンバー数は24名でしたが、ある試合では7名しか集まらず、ゲーム中に私がGKで練習中に肋骨を骨折したにもかかわらずやせ我慢して出場していたなどということもありました。
(その試合はそれでも勝ったのですが・・・)

その危機がNSP CLUBにも来ているのか・・・と感じ、今選手を大募集しています。

新しく入ったのが一人、6/15までに登録する予定が二人、もう二人交渉中なのですが、彼らに言っているのは一つで、一緒にクラブの歴史を作っていこうというものです。
今年がNSP CLUBとしての一年目で、誰がどうではなくてみんなが初めて刻む一歩なわけで、途中参加というものではありません。
第一歩はこの2008年度の東京都社会人四部なのです。

コーチである高木はプロ選手としての現役を終えて一年四ヶ月ほど経つのですが、ようやく「プレーしようかな」という気持ちになっているようですが、まだ一歩を踏み出せないようですので、私はじっと待っています。
選手と一緒のフィールドに高木が立つ姿をジュニアチームやスクールの生徒に見せてあげたいと思っています。

来年度以降になれば日曜日に出場するのは少なくなるでしょうから、今のうちに出ておかないと・・・なんて思ったりもします。
ジュニアユースって土日に試合が多いですからね。

【追記】
NSPクラブでは北区でNSP CLUB+αで北区、葛飾区でNSP Gresta(CLUBは4名)、NSP SIMBA(CLUBは1名、重複ははずした)という形でやっていますが、ゆくゆくは東京都リーグに二つ出したいとさえ思っています。

NSP CLUBがトップで、NSP CLUB なんとかというチーム(FC町田ゼルビアツヴァイテのような)を作って、選手の入れ替えもできるようなそんな環境にしたいと思っています。
そのためには最低でも40名、できれば50名くらいの選手がいないとつらいでしょうね。
背番号は両チームで通しになるでしょうから、背番号争いも見ものになるかも。

そして北区には集合したチームがでるとか、それとも他のリーグに登録するか・・・
まあそうなるには、まずNSP CLUBが最低でも三部で優勝争いしなければ無理でしょうね。

再来年にはNSP CLUB Silver(Over-40)を作ろうと計画していますが、こちらはシニアリーグですね。
当然ユニフォームは一緒ですが、どこかにシルバーのエンブレムを入れたいと(笑)

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です