香川はデビッド・モイーズの無能さを証明した

マンチェスターユナイテッドに所属していた香川真司がドルトムントに復帰し、初戦でいきなりの活躍をした。

アンチ香川には申し訳ないが、香川はきちんと「できる」ということを証明したわけだ。

それによって昨季のマンチェスターユナイテッドが、全く機能していなかったことが証明されたわけだが(それは香川だけではなく、同チームを去って他チームで活躍する選手もだが)、結局デビッド・モイーズが無能である・・・というか、マンチェスターユナイテッドのようなビッグチームの監督としては物足りないということを証明した。

幸いなことに(実はあまり期待していなかったが)私の愛するACミランでも本田が活躍をし始めているわけで、それぞれがそれぞれの有能さを証明しようとしている。
応援する側も好き嫌いではなく、それぞれの選手の特徴を代表に当てはまる、そんな期待をしながら応援していこうではないか。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です