Jリーグを見に行こう!

日本代表は残念ながらワールドカップ終戦となってしまった。
しかし日本代表は確実に底上げがされていて、間違いなくJリーグは進歩しているのだと感じた。

イングランド、イタリア、ドイツ、スペインのリーグには叶わないが、セカンドポジションのリーグと比べて、卑下するほどのレベルではなくなってきていると感じる。
日本代表の試合を視聴率で見る限りまだまだたくさんいるのであるから、その日本代表を強くするためにはまず自国のリーグを強くするのが間違いない道である。

イタリアの敗退はセリエAの凋落とも一致しているのではないかと言うほどで、リーガにもプレミアにも優勢であったころはイタリアは間違いなく世界で一番のリーグであることを世界大会で示していた。
ただし一つ大会がずれていたが(苦笑)

今はFCバルセロナが欧州で間違いなく抜けていて、その次にブンデスリーガーのバイエルン・ミュンヘン、イタリアのインテルミラノが続いている。
UEFAチャンピオンズリーグではインテルミラノが優勝したが、イタリアは他にACミラン(全盛期を知っている私としてはちっとも納得がいかないが)くらいしかなく、リーガであればバレンシアやレアル・マドリーなどもあり、リーグ全体のレベルが高いと感じる。
だが・・・イングランドはいったいどうしたのか?と感じてしまうわけで、やはりワールドカップというのは、タイミングというのも重要になってくるのだと思われる。

・・・と、他の国のリーグはおいといて・・・日本のリーグを強くするには間違いなく観客が必要で、その次に観客の目が必要となる。
素晴らしいプレーには拍手を、怠慢なプレーにはブーイングを、選手には愛情を!
甘やかすばかりが愛情ではなく、時には叱咤し、激励をするのも愛情である。
日本サッカーを、日本代表を応援するのであれば、Jリーグを応援しようではないか!

Jリーグの試合を見に行きましょう。
日本のリーグは確実に進歩しているのである。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です