カテゴリー: 審判のつぶやき

日本vsイランの審判評

昨夜、アジアカップの日本vsイランが行われ、現在アジア最強と言われるイランに3-0と勝利をしました。

結果はさまざまな人がレビューしているので、私は審判をフォーカスしてみようと思います。

後半立ち上がり、酒井へのイエローカード提示については疑問が残っています。

あのシーンで、手を出しているのは事実であるためハンドリングは採用すべきだとは思うが、あのシーンで得点につながるチャンスとなったのか、また故意にシュートを邪魔したなどのシーンだったかと振り返ってみると、あれはボールが正面に来たので目をつぶってよけたと感じられました。

このシーンをハンドリング&イエローにしたのであれば、日本の二点目につながったイラン選手のスライディング時の手に当たったハンドリングを採用しなければ明らかにフェアな笛ではなかったとなりますが、少なくともPKとしたのは間違いではなかったわけです。
そのため、なぜVARまで必要としたのかがわかりません。

自分で正しい判定であると言うのであれば、吉田の得点取り消しと同じ手法でPKを蹴らせて、キックオフ前までにVAR側にチェックを任せるというのもありだったのではないか・・・などとも感じました。

なぜなら、彼は正しい判定したと感じるからです。

後半立ち上がりの酒井への警告以降、日本に不運な時間が訪れます。

私は「レフェリーは試合中に怪我でもなければ変わることなどない」と思っているため、例えば明らかにイランの競技者に当たってコーナーキックをとられたシーンなどを考えても、仕方がない次!という風に切り替えねばなりません。

その切り替えを昨日の日本はできていたのではないかと予想をしています。

その後しばらくの時間帯は日本に不利な時間帯が続きますが、56分に南野が倒されたシーンでイランの競技者が主審にノーファウルまたは南野のシミュレーションを訴えていたように見えたシーンで、南野が切り替えて立ち上がり大迫のヘディングシュートにつながりました。

レフェリングの不運を乗り越えた先に歓喜があったのですが、あのシーンにおいてはレフェリーのミスは特になく、イランの集中力が切れたということだと理解をしています。

そして二点目のイラン側競技者のハンドリングへとつながるのですが、このあたりでは逆にイランではなく日本への風をイランの競技者は感じてストレスを感じていたのではないか?と思います。

決してレフェリーのジャッジが悪いわけではないのですが、なぜか自分の方へジャッジが転がらないというのは往々にしてあるわけで、その切り替えができなかったのが昨日のイランだったのではないかと考えるのです。

その後もレフェリーは実はしっくりこない感じがありましたが、それはアズムンに対しての注意が欠けていたからではないかと感じます。

なぜなら、アズムンは残念ながら四年前もそうでしたが、短気を起こして相手競技者へフットボールコンタクト以上の「攻撃」を仕掛けているのが明白だったのですが、レフェリーから注意された様子でもなく、その後の大迫への蹴り、柴崎への暴力となってしまい警告の対象になっています。

ここも問題なのですがアズムンはあのシーンでは暴力ですので「退場」ではないか?という議論が起こってもおかしくないと思われます。

また、イラン側競技者のストレスが爆発してしまい、結果として最後はきれいにしめることができませんでした。

試合を通してムラが目立ちましたし、明らかなるミスジャッジ(イランにとっても、日本にとっても)が散見されるわけで、アジアカップの準決勝に割り当てられた審判員としては、物足りないと感じました。

試合後の振り返りがどうだったのか気になります。

VARは善か悪か

のようなタイトルを書くとドラスティックな感じがするのですが、個人的にVARは使うべきだと思っています。

なぜなら「より正しい判定」を導き出すツールとして有用だからです。

しかしながら、昨日のアジアカップ日本vsベトナム戦でのふたつのVARによるノーゴールとPKの判定については意見があるのでブログとすることにしました。

昨日の日本のゴールに見えたシーンは、ハンドリングのファウルということで得点が取り消されました。

こちらは時間の経過を見ていないのでなんとも言えませんが(まだ仕事帰りのためテキストでしか見ていない)、もしキックオフが行われていたのだとしたなら、遅すぎるのではないかと感じます。

そして堂安へのファウルですが、こちらは問題が山積しています。

1.引きのテレビの映像でさえ「足を踏まれたのでは?」とわかる程度
2.踏まれた後足が当たったかについては議論が必要だが、一つ目の見逃しはどうか
3.PKに移行するまでのVAR判定までの時間が長すぎる

すぐにこの三つが出てきてしまうほどです。

まず1についてですが、あのシーンをPKととることができない主審とはなんなのだろう?と思ってしまいます。

確かにピッチレベルでどうかということはあるかと思いますが、では自分が競技者であったとして(しかもファウルした側の)もしあれがファウルと判定されなかったとしたなら、「助かった!!!」と思うレベルでしょう。

そしてVARじゃなければ判断できない主審ということであれば、あのシーン主審は何を考えていたのだろうか?と感じるのです。

3についてですが、VARの判断の精度と正確性がまだ低いということでしょう。

正確性についての議論は少ないと思いますが、精度・・・スピードが遅いということです。

かなりの時間が経ってから「今更PK」という判定だったように思うため、VARの練度が必要になるということなのかと思います。

つまりは1も3も審判員のパーソナリティーによるということになってしまい、結局人次第ということになってしまうのです。

そう考えると矛盾してしまうのですが、VARが悪にも見えてきてしまう部分があり、それはゲームの進行を無視してしまうため、いきなり有利、不利が入れ替わることがあったり、チャンスが変わったりとなることは、ゲームそのものを壊しかねないと感じます。

正しい判定のためのVARであるのですが、それがサッカーのゲームを壊してしまうとなってしまうことは、サッカーというゲームを変えてしまいかねないものになっています。

それが善か悪かという判断は、結局のところ運用する人に委ねられるわけで、では見える側の審判と見られない側の審判との関係をどうするかなど、非常に難しいものになってしまいかねません。

もう一点最後に言えるとしたなら、見える側の審判の質が今以上に問われることになりそうな、そんな気がしています。

審判としての引き出しの多さ

東京都のアクティブレフェリーとして20年近くが経とうとしていますが、長い間よくやらせていただいたものだと思っています。
(誰だ2級に上がれなかっただろうというのは!w・・・まあ問題児だしねえw)

そうした中で東京都からの割当以外も含んで、相当な公式戦をこなすなかで、いろいろな事象が起こるのです。

そのいろいろな事象というのが自分の中で特に大きなインシデントとなる場合には、その後の引き出しにつながっていることが多いと感じます。

例えば、けが人が出たときの対応があったとして、どういう判断をするのか、レフェリーとの連携は?四審との連携は?などなどをこなしながら、ベンチのコントロールを行い、もしかしたら担架対応になるかもしれない・・・と、さまざまな可能性を考えながら、優先事項と作業を整理していくことになります。

もちろん私も初めての時にはあせってしまうことがあったのですが、表面上はあまり出さないようにして、こなしてくることが多かったのですが、最近はまず顔にも出ませんし広く視野を保つことができているため、自分が主審の時であろうと、副審であろうと、その整理は素早く行うことができるようになっています。

それでも初めてのことは起こることがありますし、さらには競技規則改正によって新たに発生する事象があったりなどと、審判というのは一度も同じ現場というのがありません。

これでも何百試合という公式戦をやってきてもそうなのですから、その経験を後輩たちに生かしてもらうためには、今後も現場に足を運んで伝えていく必要があると思っています。

私も失敗をしたこともありますが、それをどうリカバリするかで変えることができるようになってきましたが、それは何百試合に対しての引き出しが数多くなったからだと理解をしています。

現役レフェリーとしてはもう少し続けていくことになりそうですので、さらに引き出しを多くしていこうと思います。