カテゴリー: 審判のつぶやき

高いプレーレベルを持った審判の登場と、競技規則と

12月3日、味の素スタジアムでFC東京と東京武蔵野シティFCの練習試合が行われました。

そのレフェリーに立ったのは、拙Blogでも紹介したことのある御厨貴文さんでした。

【紹介記事】FC東京と東京武蔵野シティFCの練習試合は主審がサプライズ!? なんとレフリーは御厨貴文さん(2016/12/03)-タグマ
【拙Blog】Jリーガーからレフェリーへ!

Jリーグのトップレベルでのプレー経験がある御厨さんのレフェリングを見ることはできませんでしたが、当日にプレーヤーとして参加していた選手に感想を聞くことができましたが、「選手の気持ちや、プレーの強さを理解してくれる元Jリーガー審判がもっと生まれてほしい」というもので好評だったのだと思います。

Jリーグのレフェリーのレベルがどうこうというわけではないのですが、プレーヤーとしてはそのベースにあるサッカー経験が気になることもあるのは事実です。

プレーレベルに応じた危険なファウルを察知することができるのかというのは、重要なファクターになると思っています。

例えば、私が経験したものではボールを保持してドリブルをはじめ、あと数歩でトップスピードという前傾姿勢の時に、「トン」と背中を押されただけで前方へ転倒の危険性があります。

しかしながらレフェリーはサッカーコンタクトだと認識してファウルにしない場合、私はストレスがたまることになります。

実際に私は転倒しそうになり、相手選手へ「危ないじゃないか」と言いましたし^^;

ところが相手競技者もレフェリーがファウルとしないのですから「危ないだろ」と言ったとしても「レフェリーが取ってないんだから問題ないんだよ」となります。

ですが、意図を持ったファウルであるのは事実であり、無謀に行った場合には警告が示されることになります。

そうしたある程度レベル以上のプレーヤーとしての経験が、レフェリーにはない方がまだまだ多いため、そうした経験を持ったレフェリーを増やしていくのも日本サッカーには必要なのだと感じます。

先ほどのプロサッカー選手の話で、気になることがありました。

「指先で押したとしても、ボディコンタクトになるので厳密に言えばファウルになる」と言っていました。

その時は時間がなかったので説明ができませんでしたが、指先でチョンと押すくらいでは「直接フリーキックとなる反則」にならないのは、競技規則に書かれています。

競技規則のP.81を見てみましょう。

ファウルと不正行為

12条
ボールがインプレー時に反則や違反があった場合にのみ、直接、間接フリーキックまたはペナルティーキックを与えることができる。
1. 直接フリーキック
競技者が次の反則のいずれかを不用意に、無謀に、または、過剰な力で犯したと主審が判断した場合、直接フリーキックが与えられる:
• チャージする。
• 飛びかかる。
• ける、またはけろうとする。
• 押す。
• 打つ、または、打とうとする(頭突きを含む)。
• タックルする、または、挑む。
• つまずかせる、または、つまずかせようとする。
身体的接触を伴う反則が起きたときは、直接フリーキックまたはペナルティーキックで罰せられる。
• 不用意とは、競技者が相手に挑むとき注意や配慮が欠けていると判断される、または、慎重さを欠いてプレーを行うことである。懲戒処置は必要ない。
• 無謀とは、相手競技者が危険にさらされていることを無視して、または、結果的に危険となるプレーを行うことであり、このようにプレーする競技者は、警告されなけれ
ばならない。
• 過剰な力とは、競技者が必要以上の力を用いて相手競技者の安全を危険にさらすことであり、このようにプレーする競技者には退場が命じられなければならない。

ここに書かれているのは、直接フリーキックになる7つの条件です。
「チャージする」「とびかかる」「ける、またはけろうとする」「押す」「打つ、または打とうとする」「タックルする、または、挑む」「つまずかせる、または、つまずかせようとする」
先ほどの「指で押す」というのは「押す」という部分に当たります。

しかし、ファウルの判断では、それらが「不用意に」「無謀に」「過剰に」行われたときに直接フリーキックが与えられることになりますので、「指でチョンと押す」という行為は「直接フリーキックとなる反則」になることはありません。

厳密に言えば「反則」であるとも読み取ることはできますが、直接フリーキックとなる反則ではないため、試合には影響を与えることのないボディーコンタクトが問題ないのは議論に値しないため避けますが、彼の意図しているであろう「反則」とは試合に影響を与える反則と言葉の中で読み取ることができたので、競技規則に書かれているものは違いますと伝えたいと思います。

・・・ので、関係者の皆さん彼に伝えてあげてください^^;

審判の笛について

審判に欠かすことのできないものの一つに笛というものがあります。

たくさんの笛がありますが、ここでは私が通常見聞きするものと、最後に私のお気に入りの笛を紹介します。

Jリーグで使用されているのはmoltenのバルキーンです。

私は持っておらず、今後買おうかな?とは思っていますが、4500円ほどするものですのでここ!という時に使う笛なのかな?と自分では思っています。
音は素晴らしいと思いますし、アクティブレフェリーでバルキーンを持っていると「おお~」という感じでしょうか。

最近はコルクレスが主体になっていますが、私が過去にやっぱりいいなあと思ったのは、葛飾区にある「野田鶴声社」のホイッスルでした。

写真は2002年の日本と韓国で共催したワールドカップの記念モデルですが、ワールドカップでも使われてきたホイッスルはとても甲高く澄んだ音で、世界一のACME社から製造を依頼されたのも納得の一品です。

そもACME社といえば、映画「タイタニック」で船員が吹いていた笛の製造会社でもあります。
もちろんレフェリー用のコルクインタイプのホイッスルもいい音でした。

老舗メーカーの音を楽しむにはぜひという製品です。

そして、どちらを使っている審判が多いのか?という一方がmoltenのドルフィンです。
私もこれを使うことが多くなっていますが、通る音が素晴らしい一品です。

写真はKPという咥える部分にゴムがついているタイプのものです。

もう一方はモルテンのFOX40です。
私も一時使っていましたが、少し小さいため(私の手が大きいという方もある(笑))現在は使っていません。

しかし、音は良いと思いますし、モルテンというのはいい笛を売っているなあと感じます。


そして最後に私が愛する一品ですが、老舗メーカーであると紹介したACME社のTornado 2000です。
UEFAでも使われていたもので、東京都サッカー協会の牧野委員長が指導部でインストラクターをなさっていた際、私のTornado 2000をみつけて「吹いたことないやつだね。どんな音か吹いていい?」と言っていただいた品です。
tornado2000
とても通る笛ですし、なにより持っている人が少ないので、隣り合ったグラウンドがある場合には、まずかぶることがない笛です。

グラウンドが隣り合っている場合、笛を変えることによって隣のグラウンドの笛と間違えないように、審判同士が「どの笛を使う?」なんて相談をしたりします。

今年の東京カップの清瀬内山で、元Jリーガー審判の御厨さんとも清瀬内山で「なに使います?」と相談をしました。
※彼はバルキーン、私はTornado 2000にしました

ところがこのTornado 2000なんですが、日本では入手困難でAmazonでも売り切れが続いている状況です。

なので、そのうち米国から仕入れて売ってしまおうかなどと考えていたりします(笑)

本当にいい音ですので、おすすめです。

お父さんレフェリーとのコミュニケーションにて

先日、あるクラブチームのカップ戦にお呼ばれして、インストラクターとしてのアドバイスと、自身でレフェリーをさせていただく機会をいただきました。
※写真と大会は関係がありません

その中で私がレフェリーをする際に、そのチームの審判の重鎮が「工藤さんの審判を見ておいてね!」とおっしゃったのです。

「えー!(苦笑)」と叫びながらも気持ちを引き締めて臨みました。

しかし、その後は別件の予定があり、スムーズに試合を運ぶことができたので、皆さんに少しだけアドバイスをさせていただいて次の現場に向かったのです。

そして数日前に、その大会に参加していたお父さんコーチ兼レフェリーの方々とお会いする機会があったのですが、あの時にきちんと皆さんが見てくれていたのだとうれしくなったのです。

それは、試合中に私が選手にかける言葉に対してでした。

小学校中学年の大会でしたので、当然ながら育成年代です。

その年代で手を出すようなプレーを少なくさせたり、無茶なアタックをさせないような声掛けが必要だと感じています。

そこで手を出さない、無茶なアタックをしないと覚えてくれれば、高学年になっても、中学生以上の年代になっても正当なプレーを行ってくれるようになります。

ですから育成年代の審判ほど指導を交えたレフェリングをしなければならないと思っています。

私は試合中に「手を出しちゃだめだよ」などと「事前に」選手たちに伝えるようにしています。

その反則が起きないように試合を進めるのがこの年代では重要です。

しかし、その言葉を無視したような無茶なアタックに対しては、きちんと本人と周りにも聞こえるように「どうしてそのプレーがいけないのか、どうするべきなのか」ということをわかりやすい言葉で説明するようにしています。

それは怒ったり叱ったりするのではなく、「諭す」という姿勢に徹するべきです。

たまに見かける審判の中には威圧的な方がいらっしゃいますが(誰?見た目で威圧していると言っているのは^^;)、特にこの年代ではそうではなくて諭して理解してもらうという姿勢が必要になります。

もし万が一「こら何してるんだよ!」などと声をかけられたとしたら、選手によっては委縮してしまいその後の育成に影響がでてくる可能性もあります。

そうではなくて、どうしてそのプレーがいけないのか、どうするべきなのかを落ち着いて伝えることにより・・・場合によっては選手と目線を合わせたうえで・・・その選手が同じ反則を繰り返さない、そういう試合の中での指導を行うことができるのだと考えます。

それをクラブのカップ戦で私のレフェリングを見ていた方々が気が付いてくれていて、それを自分もやってみようと思っていただけたのがたいへんにうれしかったのです。

そしてまた、自分のレフェリングを見に来てくださいと言っていただけたのですから、本当にありがたいと感じました。

インストラクターとしてまだまだ新米ですが、こうやって現場に少しでも足を運んで皆さんのやくに立つようなことができればと思っています。

私は台東区連盟の推薦を得て審判インストラクターとなったので、当然ながら東京都と並行して台東区の審判のためにいるのだと理解しています。

もちろん、アクティブレフェリーの仲間(といっても皆さん派手に年下ですが)のレフェリングをみてアドバイスができればとも思いますし、それは皆さんが現場に足を運んで!と言っていただければ、時間の許す限り現場へ行こうと思っております。

自身はまだアクティブレフェリーとしても活動しておりますが、審判インストラクターとして初心者やS3アクティブの皆さんの手本となるようなレフェリングや、アドバイスができるようになるため、今後も努力を重ねていこうと思います。