高木との会話から考えていること

ここ三週間、台風によるグラウンド状況の悪化、時間帯、そして天候と悪条件が重なりスクールができていません。

せっかくスクールへの体験希望が増えてきているのに、三週間もお待ちいただいている方がいらっしゃいます。
さすがに高木も私も天候だけはどうにともしがたく、来週の土曜日こそ晴れることを願っています。

さて、高木は現在週の前半を別のスクールでコーチをしています。
本人としては「高木成太サッカースクール」という名前でやっているこちらを頑張っていきたいと思っているのですが、周囲はそうそう温かい目で見ているばかりではありません。

事実としてNPOの準備段階から抜け出せていないこともあり、組織としてはスケジュールが二ヶ月遅れとなっています。
しかし明るい要素としては、当時少なかったスクールの登録メンバーが、ようやく黒字確保できるだけになりそうなので、まずはスクール生に真剣に取り組み高木のよさを知っていただこうと考えています。

スクールにいらしていただいている方からいただく声としては、子供と真剣に接する姿に共感していただくものが多く、彼の普段の子供好きというのが良い方向に働いていると感じています。
マイナス面は高木の場合一度落ち込んでしまったときにネガティブに考えがちになるのですが、当初のスクール生不足も解消しつつあり、スタッフと「あと少し!」とポジティブに切り替えられるようになりました。

延期していたクラブチームに関しても、来週以降にスタッフミーティングで方向性を決め、葛飾区サッカー協会の関係チームにもご理解をいただこうと思っています。
それでも得られなかったり心ない妨害などがあったなら、葛飾区ではなく他区でやることも考えざるを得ません。
NPOとしては葛飾区を中心としてと考えていましたし、何よりも代表である私が葛飾区の小学校教育に携わっているため葛飾区でと思っていましたが、環境ができないのであれば待っている子供たちのためにも別の方法を考えなければなりません。

ですができるだけ葛飾区でできるように努力をしていこうと思っています。

まだスクールを初めて4ヶ月なのか、「もう4ヶ月」なのか悩みどころではありますが、今後も高木ともども子供たちのため、サッカーのため一生懸命頑張っていこうと考えています。
高木成太サッカースクールをどうぞよろしく応援ください。
よろしくお願いいたします。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です