顧問に木村文治氏を迎えました

5月10日に三重県名張市にNPO設立の勉強をさせていただけるとのことで、M.I.E.ランポーレ(東海社会人リーグ)を運営するNPO法人芝生のグラウンドを愛する会までお邪魔させていただきました。

この席で同理事長である木村文治さんが当クラブにご賛同いただき、顧問として就任していただけることになりました。

左:木村氏と高木、右:左から工藤、木村氏、監督の栗本氏、高木

木村さんはフリューゲルスのヘッドコーチ、京都パープルサンガでは韓国代表の朴智星を育てたことで有名な方で、現役時代は日本協会副会長の釜本さんとヤンマーディーゼルで活躍されました。
私にとっては憧れの存在の一人です。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です