間違いを正す勇気

人というのは時として判断を誤ることがあります。
自分に力があると勘違いをしたり、自分たちだけが正しいと思ったときに、特定個人に対して著しく傷をつけることがあります。
しかし、間違いは正せばいいのですし、それに対してまずは顔を合わせて話をするべきなのです。

それをサボタージュするというのは、なんとも残念なことになってしまうのだと思います。

間違いを正すのは一言ですむことですし、傷をつけた人がしこりを残さないようにするだけのことです。
ただそれだけです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です