練習試合と葛飾区連盟からのメール

本日のトップチームの練習試合は都リーグ三部3位の東京ガスサッカー部でした。
天然芝の深川グラウンドで練習試合ができたのは、本当にありがたいことだと感じます。
関係者の皆さんありがとうございました。

結果はホームページにも掲載していますが、オフシーズンでもあるためドローとなりました。

さて、本日葛飾区サッカー連盟少年部から一通のメールが届きました。

葛飾区でサッカーNPOを作ろうということで、見事にうちとバッティングしますが、一つだけ大きく違うところを見つけると「Jリーグを目指すトップチーム」ということでした。
私達はあくまでもアマチュアでのトップチーム運営を考えていますので、Jリーグを目指すなどということは考えていませんが、葛飾区サッカー連盟が関わるNPOではプロ化してJリーグを目指すとなっていました。

当初はプロ化と聞いていましたが、Jリーグを目指すとは思ってもいなかったので驚きです。
東京ではすでにFC東京、東京ヴェルディがJにおり、JFLにFC町田ゼルビア、横川武蔵野FCがあり、FC町田ゼルビアもJ入りをめざしているのですが、残念ながら観客動員数が少ないことでJ2への権利を逃すことになってしまっていました(6位ですので昇格はどちらにしても厳しいようですが)。

そこに葛飾区も参戦するのですからたいへんなことだといえます。
疑問なのは2011年度にトップチームが二部昇格となっていたのですが、これは2010年度に四部で優勝して2011年度に三部で優勝するという意味での二部昇格なのか、それとも現在四部に母体があって来年度三部、2011年度は二部での戦いなのかという部分がよくわからなかったということです。

そういえば東京にはJを目指すと宣言しているチームがまだありました。
城北ランシールズが名前を変えて今はスペリオ城北です。

2005年に四部優勝、しかし二年間足踏みをし2008年に三部優勝、今年度は二部2位という成績でした。
こうした覚悟がなければJを目指すのはたいへん厳しいものだと感じています。
といいながら、今年もうちは四部で足を止めていますが・・・・・

下部組織もできるため子供たちにとっては上を目指すための選択肢が一つ増えたことがいいことだと思いますが、Jリーグはどうなんだろうというのが率直な疑問ではあります。
レスチの方々が運営に入るようですが、さてどうなんでしょうか。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です