新年の抱負

年が明けて9日になってしまいました。

あけましておめでとうございます。
本年もNSPクラブをよろしくお願い申し上げます。

さて今年は実質的なNSPクラブ元年であり、サッカースクール以外のクラブチームとしての活動が始まります。

社会人クラブとしてはGresta(葛飾区)、SIMBA(台東区)が動いておりましたが、CLUB(東京都社会人)と同じチームですが名前をCELSUS(北区、CELSUS FCの名を北区では残しました)として三つのチームが動きます。

少年はNSP CLUB Juniorとしてまず小学生カテゴリを葛飾区ではじめます。
葛飾区を選んだのは事務局があることと、チーム数を考慮した結果であり、将来的にゲーム数をこなすことのできる区を選択しました。
当然こちらの指導責任者はスクールの責任者でもある高木成太であり、それ以外のコーチもC級指導者、元Jリーガー、現社会人選手が行うことになります。

2月からは一度中断していたNPO法人認可手続きを再開し、地域の方々へのアピールと社会的な協力ができる体制にしたいと考えておりますし、葛飾区立保田養護学校(こちらは肥満、喘息などの養護学校です)へのコーチングなども考えておりますので地域に密着したスポーツクラブと理解していただけるよう努力をして参ります。

工藤個人としてはこの土曜日からC級指導者講習会を受けることが決定しており、またSIMBAの菊永も今年中のC級指導者取得を目指しております。
高木も今年はB級指導者を目指し、今後作るYouth(U-18)、Junior Youth(U-15)のための準備もして参ります。

また審判の育成も行っており、今年はS3級取得者を3名ほど出していきたいと考えておりますし、審判としてのみの活動をしている方への支援も行って参りたいと考えております。
こちらでも工藤は台東区協会の協力を得て、S2級にチャレンジする予定としております。

まだ総合スポーツクラブとしてサッカーのみの活動ですが、必ずこの動きが総合型として認められ、それぞれのジャンルへと広がっていく活動となるよう、NSPクラブの実質元年をがむしゃらに頑張って参ります。
皆様のご理解、ご協力をお願い申し上げます。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です