成太のB級チャレンジと社会人クラブの悩み

現在、静岡で高木がB級指導者になるための研修会に行っています。

ここでなんと両国FCの今井コーチが一緒になったとの事で、高木から火曜日に連絡がありました。
両国さんとはSIMBAでたまにグラウンドが前後になったり、墨田区のグラウンド抽選でお会いしているので仲良くしていただいています。
サッカー界って知れば知るほど世界が広くなったつもりが、結局近くでつながっていることが多いので驚きです。

また最近C級のリフレッシュで高木が知り合った方が、ジェファさんのコーチとお知り合いだったり、なんか近くでごそごそあっているような気がしてなりません。

私の受講したリフレッシュ研修会でもFC府中のコーチがいらっしゃったのですが、ユース決勝大会一回戦でアシスタントレフェリーを一緒に勤めた方の仲間でした。

サッカー界って狭いです・・・^^;

さて社会人トップチームですが、なんとしても今年勝ち抜くためにさまざまな模索をしています。
戦力的には整ってきたと思うのですが、まだまだ練習不足、連携不足がみられるのと、高木の本格合流が遅れていることがうまくいっていない原因のひとつです。

私が監督として現場をしきりきれていないというのもあるのですが、結局事務局に金がないため人を雇うことができず、全部私がやっているといっても過言ではない状況だからというのもあります。
実際、会社のスタッフや妻にも手伝ってもらって事務的なものはなんとかお願いできているのですが、土日の現場に関しては結局私しかいないという理由でチームのため動いています。

この「チームのため」ということがなければ、馬鹿らしくてやっていられないというのが本音です。

では「チームのため」という意識を持っている選手が全部なのかといえば、そうではないように感じるのがまた事実です。
今週は練習などを行うわけですが、キャプテンがしつこいくらい「チームのため」とメーリングリストで、電話で選手とやりとりをしているようです。

コーチ陣としては紆余曲折を経ましたが、監督の私とやはりアドバイザーでいてもらった「奴」にもうちょっと現場を見てもらおうかと考えていますし、高木の社会人合流を13日と考え動いていこうと思っています。
私は「チームのため」というか「NSPクラブのため」動いていますので、NSP CLUB(社会人トップチーム)だけのことを考えていない部分もあるわけです。
ということで、近々アドバイザーときちんと話をして、現場を手伝うというか事実上掌握していただきたい旨伝えようと思っています。

チームのため、クラブのため頑張っていきます。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です