大切なこと

チームが何をしてくれるかではなくチームに対して自分がなにができるかが重要なのです。

チームに対して自分が何かをなすことによって、チームから得られるものは当然ながらありますが、チームからの何かを期待だけして何も動かないというのはサッカーに限らず、趣味に限らずすべてのことにいえるものだと思います。
まずは自分が動かなければ何も動かないと考えることこそ重要なのであって、フォアザチームの精神とはそういうところから本来ははじまっているのではないでしょうか。

しかしながら指示待ち・・・ならまだいいとして、ただ指をくわえて何かが落ちてくるのを待つのは何をするにしても「あり得ないこと」という意識をつけなければなりません。
それはトップチームであれジュニアユースであれ当然のことなのだと考えます。

ジュニアユースにこれから入ろうとしている選手、考えている選手などいらっしゃると思いますが、自分がサッカーをしたいという気持ちが重要なのであって、誰々がどうだからとか、流れがこうだからというものでスポーツを捉えるのは良い方向ではありません。
特に重要なのは詰まる所「ハート」なのであり、最後にはサッカーをやりたいかという究極の位置にくるのだと思っています。

サッカー以外のそういうものを持つことができるように、私たちは少年たちに伝えていきたいと考えています。

トップの選手たちはもう一度フォアザチームというものを意識してください。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です