基礎の大切さ

私はわくチャレサポーターとして毎月第一、三水曜日 葛飾小学校においてサッカー教室をやっているのだが、基礎をきちんとこなせる子供はほとんどいないと言っていいと感じている。

「すぐゲームをやりたい」
「リフティングなんかつまらない」
などなど、基礎をやるなら参加したくないという子供がいるのだが、私から言わせれば「基礎を満足にこなすこともできないのに、サッカーなどできるわけがない」と。

高木の行うサッカースクールでもそうだが、基礎が一番重要なのだと見ていて感じるし、スクールの内容と同じことの基礎部分を葛飾小学校のサッカー教室で行っているのだ。

まして子供に技を見せる時、私が失敗するわけにはいかないため練習は陰に隠れて行い(笑)、子供たちの目に晒されるのだから真剣に取り組んでいる。
そのため適度な緊張感の中できるため、失敗をしないでやることができるのだから集中力と言うのは恐いものだと思う。

しかしそれもこれも「基礎ができているから」こその話であり、基礎をこなさなかった場合には例え大人であったとしても・・・というかやったことのない大人では不可能だろうと思う。

土曜日の高木成太サッカースクールに来ている子供たちで3年生以上は、基礎を一通りこなすことのできる子供なので、その意識の高さがうかがえるのであるが、それがスクールの全てではなく初心者であってもその子供に最適なものを探し出してあげなければならない。

小学校では初心者も何人かいるため、まずはボールを触るところからはじめるのだが、そういう子供でも「サッカーがうまくなりたい」というのであれば大歓迎である。
私達は公の活動も、NPO(準備段階であるが)の活動も一緒で、子供たちそれぞれにあったスクールを目指していこうと考えている。
サッカーが好きでうまくなりたいのだったら「高木成太サッカースクール」にぜひ足を運んでいただきたい。

初回は600円で参加できるのだっ!

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です