トップチームの退部と新戦力について

この時期はトップチームの去就がはっきりする時期となります。
現在は選手主導で動いているため、選手が残留するのか移籍するのか、引退・・・といってもカテゴリを変えるのか、それぞれ連絡をもらう時期になっています。

朝田くんは合併の前身であるCELSUS FCからのメンバーでした。
フォワードとして3年間一緒のチームとして活動させてもらいましたが、ここぞという時に入れることが多かったように感じていました。
本人は年齢による衰えで、今のNSPでは活躍できないということで、横浜のOver30などを対象として移籍先を探すとのことでした。

藤田くんも同じくCELSUS FCからのメンバーで、キャプテンとして、取りまとめ役(監督も兼任していました)として本当に頑張っていたと思います。
2008年はその役からようやく離れることができたという感じで、2009年になってようやく選手としてプレーに集中する環境となったのかもしれませんが、残念ながら今年を限りに退部ということになってしまいました。
よく試合中でも声があったと思います。
次のチームでも活躍できることでしょう。

吉崎・・・TAKAは私が無理やり言ってNSPに引き入れた道義上の責任がありました。
だからなんとしてでも三部に上がりたかったし、本当は三部に上がってから一度外のチームに出したかったというのが本音です。
ですがやはり四部ではモチベーションが続かないというところもあり、まだ年齢的に「闘える」うちにレベルの高いところでやっておきたいという気持ちを優先することにしました。

内嶋・・・りょうはTAKAが連れて行きたいFWで、一度レベルの高いところを見せてやりたいと言っていたので、りょうが行きたいのであれば送り出してあげなければならないと感じていました。
そして先ほどりょうから電話があり退部ということになりましたが、りょうは「我侭かもしれませんが数年後にはNSPに戻ってきたいので・・・」と言っていました。

四人ともいつでもNSPに戻ってきてもいいんだと考えていますが、それぞれに事情があるでしょうし、私だけの考えではなく彼らの考えで退部をするわけです。
もちろん残念ではありますが、次の場所へ行くためには一度外にでなければならないのです。

藤田くんは足掛け四年のつきあいでしたが、サッカーに対する姿勢は本物でした。
だからこそきつい言葉になることもありましたが、それだけ真剣だったというのは周りが認めるものだと思っています。

さて、新戦力ということですでに二人内定者がでています。
セレクションも考えたのですが、四部レベルでかっこをつけてセレクションなどする必要もないでしょう。
一度でも練習や練習試合に出て、普通の四部のチームとは違うなと感じていただき、そこに自分がチャレンジできるのかを考えていただければと思っています。

わざとハードルを高くしたのは審判の部分なのですが、アマチュアは基本的に相互審判になっています。
NSPでは帯同審判・・・特に東京都のアクティブレフェリーが複数名、元S2級だった佐藤さんもS3級を目指して帯同してくれています。
S2級の太田さんもいますし、帯同審判ということではかなり恵まれています。

ですが試合のときにスケジュールの問題で必ず彼らにお願いできるものではありませんし、私もアクティブとしてやっていますので割り当て審判というのもあります。
そうした場合には選手が審判をやらざるを得ないのは当然のことと言えます。
ですからNSPにおいては「サッカーだけしていたい」という我侭は聞くことができず、運営か審判をお手伝いいただかなければ成り立たないチームなのです。

他の三部や四部のチームでも、入部してから審判問題にぶつかると思うのですが、NSPでは最初から「審判を取る覚悟で来てください」とあえてハードルをあげているのは、そこにサッカーに対する真剣な気持ちがあるのかということをこちらも見させていただいているのだということを理解していただければと思っています。

本当はここで明らかにするのはどうかとも思いますが、審判を全員が取るなんてのはすごく難しいことですし、サッカーで土日を使っていて仕事が忙しいみんなに、あいているはずの土日に審判講習会に行って来てというのは酷なものだと思っています。
ですがそれでもどうしても取ってもらわないとチームがなりたたないわけですから、当然ながら選手の大部分にも審判資格を取ってもらわねばなりません。

冷静に考えていただければ、今年度都リーグの全ての試合に私、工藤は必ず行っていましたし、審判を都合都リーグで三回、北区で二回行っているわけです。
審判が足りない、事故で来られない(実際にありました)、怪我をしたなどといった場合に私が入っているわけですし、私が入っていても必ずサブで一名の「選手兼審判」を当てていますので、審判でのトラブルは絶対に起こさないと誓っています。
審判で公式戦が中止になるなどというのは、クラブチームとして恥とさえ思っています。
だからこそ覚悟として審判資格の取得をと申し上げているのです。

そこを理解していただいて、楽しく現役生活をNSPで過ごしていただければと願っているわけで、私達はチームになるのです。
ご理解いただけましたらNSPクラブサッカー部のホームページから入部申込フォームに必要事項を入力して送付してください(笑)

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です