くだらないグラウンドの取り合い【NSP CLUB U-15 セレクション 10/26開催】

東京都社会人リーグは、本年度雨のためすでに四試合が流れてしまい、11月末日までの期限に終了するのか危うくなってしまっている。

そんな中、某県某市の公立競技場のフィールドが空いているというので、電話をして予約を取ろうとした。
電話で応対していただいた方は、ちょっと困った声をしてこう言った。
「過去、都リーグで使ったときに、地元のサッカー連盟が『うちも使えないのに貸すな』と文句がきたんです。で、関係各所と相談して連絡いたします。」
あそれならそれで仕方がないと連絡先を述べ話を切った。
後で来た電話は・・・
「関係各所と相談したのですが、芝の養生もあり、地元サッカー連盟のこともあり、今回はお受けできません。」
とのことである。
この担当者の方に文句を言っても仕方がないため、むかっとしながらもつとめて明るい声で「連絡ありがとうございます。失礼します。」と電話を切った。
なんせ担当者には罪はないわけで、グラウンドが空いている状況だというのに自分のテリトリーに他のリーグの試合が入ってきたら文句をいうなんてちっぽけな心で、市のサッカー連盟を運営するな!と言いたい。
もちろん抽選会に出て行って「都リーグです」って割ってはいるのはおかしいと思うが、抽選なんざとっくのとうに終わっている状況でグラウンドが空いているにもかかわらず、自分たちが使うわけでもないのに使わせないとはどういう了見だい。
人間が小さいな?と感じる。
今回貸したんだから、協力してくださいよ!といわれれば、それなりに協力することもあろう。
でも空いている状況で使いもしないのに「使わせない」なんてのは、まるで餓鬼の了見であろう。
自分たちがどうしても公式戦で使いたいってんならわからなくもないが、こういう自分のテリトリーだけを守ろうとする連中には腹がたつ。
こんな小さなことを気にかけている暇があるなら、子供の育成のことでも考えろ!と本気で思う。


さて、セレクションの宣伝を・・・(問い合わせは多くいただいているのですが、参加者はまだ少ない状況です!)
NSP CLUB Junior Youth(U-15)では2009年度登録の第一期生を募集し、10月26日にセレクションを行います。

詳しくは・・・

http://jryouth.nsp-fc.com?をご覧ください。
高木成太と一緒に三年間サッカーをやりましょう。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です