いろいろ

明日はジュニアの練習、スクールの日ですが、夏場の暑さ対策で8:30からとなります。

しかし工藤は葛飾区少年部の大会協力(すべてのチームにおいて強制です)のため、審判と運営をやってくることになりました。
これは少年部の中だけのことなのですが、北区や今年から始まった台東区の少年部と成年部の合併などの動きから見ると、社会人にも少年のお手伝いをしていただくようにすることは無理ではないと思っています。
特に北区においては次年度の社会人リーグ参加のためには必ず審判員を三名以上派遣しなければならず、それができなければ次年度には参加資格がなくなります。
残念ながら葛飾区は少年部と成年部が分離している状況であるため、それはできないことになっています。

20日も同大会のため工藤以外の審判員をあてていたのですが、彼の親族に不幸があり現在代わりの人と探している状況ですが、もし見つからなければ20日の北区リーグの時間以外を工藤が担当しなければならないかと思っています。
なかなか難しいものです。

まあ東京都協会からそれなりに審判と評価していただいているので、審判とはこうやるんだ!ってなものをお父さんレフェリーに見せるチャンスかもしれないと思っていますし、さすがNSPクラブの審判と思ってもらえるようにがんばってきます。

そういえば割当希望審判講習会の連絡がきました。
昨年と異なるのは日程で、8/9と24で行われるとのことです。
9は国立競技場で、24は北区ナショナルトレーニングセンターでということで、私は9が無理なため24に行くことにしました。
昨年は暑さのためクーパー走で2700mしか走ることができませんでしたので、今年こそ3000mにチャレンジしたいと思っています。
膝はまだまだ痛いのですが、なんとか膝と相談しながら走りたいと思っています。

NSPクラブの帯同審判は年中募集しています。

東京都協会所属でなくとも審判を行うことができる試合も区リーグなどではありますし、審判の勉強をしたい、レベルをあげたい、お小遣い稼ぎをしたいと思われる方はぜひご連絡ください。
公式戦であればそのリーグから、もしくはNSPクラブから審判料を支払っています。

しかしお金以上に審判として公式戦でジャッジをするということは何よりも勉強になりますし、審判について理解のある者が多いため、反省点や良い点などを話し合うことができる環境に身をおくことができます。

NSP CLUBの東京都リーグにおいては東京協会所属でなくてはなりませんが、それ以外のリーグは可能ですのでご相談ください。
台東区のジュニアユースやユース、FC町田ゼルビアユースなどからの以来もありますので、年間の試合数はそれなりに確保することができます。

NSPクラブ全体でS3級はまだまだ7名ですが、もっと増えていくことができればと思っています。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です