あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

今年は社会人の復活が重要事項となっています。
年代をそれぞれ育成するためのベースには、強い社会人チームが必要だと考えていますので精一杯努力してまいります。

スクールは今週水曜日から再開となります。
またお問い合わせをいただいておりましたが、本日から返答を再開いたしますので少々お待ちください。

さてさて、高校サッカーです。

今年の注目は青森山田と桐光学園でした。
理由は簡単で、良好とも育成を考えているというもので、特に青森山田は育成というのをよく考えていると感じられます。

はっきり書きますが、ユース年代の最強を決定するのはすでに高校選手権ではなくなりました。
トーナメントを勝ち上がるということは一つ素晴らしいことかもしれませんが、もっと素晴らしいと思うのは育成を考えることと、勝利に結びつけるためのプロセスだと考えています。

その意味において全国プリンスで戦っている青森山田、昨年関東プリンスを勝ち抜け今年は全国プリンスで戦う桐光学園は私の中で注目の学校でした。
青森山田は残念ながら敗退しましたが、桐光学園は準決勝に進出をしましたが、ただただ前にすすめるためだけのサッカーではないのを確認したため、納得をしています。

過去にもブログに書いたことがあるのですが、今はポゼッションサッカーが主体になっている気がして、その最高峰の一つであるバルセロナのサッカーを指向するチームが多いのではないかと感じてなりませんでした。
実際にいまだバルセロナを一番とする人が多いと感じるわけですが、私はそうは思わないのです。
バルセロナにはバルセロナのサッカーがあるわけですが、他の人やチームには他のやり方があるはずなのです。

私が所属した中学年代のチームは、パスサッカー主体で中央から華麗にさばいていくサッカーを指向していましたが、私が入った年代だけサッカーが違うといわれましたが、それはたった一人の個性がそう見えただけのことであって、実際そこまでのアプローチは他の年代と変わらないものであったと思っています。
まあその一人の個性というのは私でしたが^^;

私が今、サッカーを続けられるのは一つのことだけを求めた指導者ではなかったからだと思っています。
たとえば先ほどのチームで「うちのチームのサッカーはこうだからお前は使えない」と言われたとしたなら、私はゲームに出られないどころかサッカーを続けなかったかもしれません。
ところが当時お世話になった監督・コーチは足元はたいしたことはなくとも、圧倒的なスピードと体幹の強さとどろくさいゴールと、ごっつあんの位置にいる能力を評価してくれました。
そしてチームメートもそれを認めてくれたからこそ、私の居場所はそこにあったのです。

これが足元ないからうちのチームには合わないなんてことになれば私はもしからしたら選択するチームがなかったのかもしれません。

小学校のときにお世話になった監督は、私がコーチになるきっかけをいただきましたが、師にその話をした時に笑って「個性ってのはみんなあるんだよ。だから一箇所だけをみないで全部を見なさい。」とコーチとしての心得を教えてくれました。
そういう人達がいたからこそ私は育成の大切さを感じているわけですし、チームにあったサッカーが全てではないと思っています。
もちろんチームとしての方向はあるのですが、強烈な個性を持った選手がいて、その選手が輝いてチームに良いものをもたらすと判断すれば、そのときは変えたっていいわけです。

しかしながらどうも審判として、コーチとしてあちらこちらのチームをみさせていただくわけですが、そういうところは少ないのか・・・特に強豪といわれるところに少ないと感じてしまうのはどうしてなのかと悩んでいます。
もちろんJリーグの下部組織ではそうではなく個というものを考え、チームの中で機能させていっているわけですが、その少し下の強豪辺りがそうではないというのは残念な木がしてなりません。
当然ながらそうではないチームにも出会うわけですが、残念ながら数少ないように感じています。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です