高木成太とは

当クラブの創設者の一人であり、社会人においては2010年までプレーヤーとして活躍していた高木成太を紹介します。

高木成太・・・ボランチと言うポジションで汗かき役で、攻守に活躍するもスポットライトが当たらない選手が多い。
しかしゲームにおいては重要なポジションであり、草創期の横浜FCにおいては、間違いなく成太はそこにいなければならない選手であった。

順風満帆なサッカー選手としての出だしではなかった。
国見高校で選手権、インターハイなどにレギュラーとして出場するもプロにはなれず、ブレイズ熊本で少年達にサッカーを教えながらの日々であったが、テレビ東京系「ASAYAN」のJリーガーオーディションでラモス氏に認められ、1997年にヴェルディ川崎(当時)に入団する。

asayan

上の写真はASAYANオーディション時、後列左から二番目が高木、四番目がラモス氏
※後列右端がJリーグでも活躍した岡山一成さん

1999年横浜フリューゲルスが消滅したため、横浜市民が創った横浜FCよりオファーを受けJFLに参戦する。
優勝しか許されない中、1999年、2000年を優勝で飾り、晴れてJ2に横浜FCを昇格させ、中核選手として活躍をする。

yokohama

2002年J2での活躍を認められ、古巣である東京ヴェルディ1969(当時J1)に移籍し、シーズン途中でボランチのレギュラーポジションを獲得する。

verdy

その後横浜FC(当時J2)、FCホリコシ(現アルテ高崎、JFL)、FC岐阜(JFL、当時東海社会人リーグ)を経て、M.I.E.ランポーレの東海社会人リーグ昇格のため招かれ、昇格を果たしプロ選手を引退する。

2008-2010シーズン NSP CLUBの選手としてプレー。

2011年よりFC鈴鹿ランポーレの監督として指揮を執る。

1977年長崎県生まれ
長崎県立国見高校出身

文:工藤 央

[追記 2016/1/6]
2014年でFC鈴鹿ランポーレ監督を辞し、2015年3月まで同クラブ強化担当を務める。
現在、東京および周辺にてサッカースクールを行う。

[追記 2016/6/6]
2016年4月よりTOKYO23FC U-18監督となる。

高木成太メディア露出
2009/02/18 NBC-TV 「あっ!ぷる」『帰ってきたヘディングの舞ちゃん』コーナー