HONDA F1 TEAMにロス・ブラウンが加入

このブログはあくまでも「NSPクラブ代表のスポーツのブログ」であるため、モータースポーツもこちらに書くことにしました。

実はサッカーと同じくらいモータースポーツが好きで、この影響は父からもらったものではないかと思っています。
フジテレビが1987年に中継を行う前、年末の深夜にTBSで放送されていた子供時代から、眠い目をこすりながら見ていましたし、もっと小さいころは8mmで見ていたくらいでした。

私達の中学一年のときに第一回フォーミュラワン日本グランプリが富士スピードウエイで開催され、翌年の事故があり中止にはなりましたが、フォーミュラワンのブームが来ている時代でした。
マンガでも赤いペガサスやアニメでもグランプリの鷹など、モータースポーツを煽るものが流れていましたので、その魅力にひきこまれる子供達がおおい時でもありました。

ちなみに赤いペガサスは今でも愛蔵しており、たまに読んだりしています。

と・・・前置きが長くなりましたが、私はサッカーと同じくらいモータースポーツを愛しています。
(繰り返しになりますが(笑))

ロス・ブラウンという人はフォーミュラワンチームで知らない人がいないくらいの人物で、ウィリアムズでのメカニックとしてスタートしいくつかのチームのディレクターを経て、ミヒャエル・シューマッハがいたベネトン、その後移籍したフェラーリの活躍は彼に因るものであるのは間違いありません。

その彼が一年間の休養をしてフェラーリに戻るのでは?と言われていたのですが、14日にHONDA加入が報じられたのです。
HONDAというのは日本のモータースポーツ界では唯一の存在といっていい程のチームで、儲けるためにレースをしているのではなくHONDAという理念がスポーツとしての競技を遂行しているのではないかと思っている程なのです。

その姿勢が鈴鹿サーキットでありツインリンクもてぎであり、1964年にまだ二輪メーカーであったHONDAが自動車業界に殴り込みをかける準備としてフォーミュラワン参戦を果たしたのです。
もともと二輪の世界ではトップにたったチームでしたし、その常勝っぷりは今のmotoGPまでもつながっているのです。

英国のMVが1950年代に「やり残したことはない」とGPを撤退した後、その記録をほとんど塗り替えるという医業を達成したチームが、フォーミュラワンでどんなことをするのかと世界の注目が集まり(いくつかは「所詮二輪メーカー」とみていたでしょう)ましたが、結果として参戦二年目で優勝という偉業を果たすのです。

そこから今日に至るヨーロッパでのHONDAブランドへの尊敬が醸成されているのですが・・・って、思い切り話がずれている(笑)

HONDAとSUBARUにかける私の情熱は、半端なもんではないんです。
次にくるのはNISSANでしょうか。

なんせバイクは最初のRD400を除けば全部HONDAですし、ニフティでは「日本HONDA党」と名乗っていたくらいです。

で・・・なぜこんなに興奮しているかといえば、今年最悪といっていい結果に終わったHONDAに、ロス・ブラウンがディレクターとして参加するというニュースが、HONDAとブラウン氏の本気度が理解できるからです。
「ドライバーのせいで勝てない」とは言わせないというブラウン氏の発言は、現場はおいらが引き受けたという姿勢に他ならないでしょうし、ブラウン氏の加入によりHONDAへのマークは今年はなかったにも等しかったものが、来年は他チームからのさまざまな干渉を受けることになるのだろうと容易に予想できるのです。

それは三年前にフェラーリについでコンストラクターズ(製造者部門)二位になったあの年のHONDAへの細かいチェックで想像が容易くできるのです。
来年のHONDAが急激に復活するとは思っていませんが、ここ数年不振だったマクラーレンプロジェクトは色々噂されているとはいえ息を吹替えしましたし、それがどうなるかというのは誰も予想などできません。
ましてや知的所有権以上にブラウン氏を手に入れたことが重要で、来年からのHONDAに期待をしてしまうのです。

私には男の子がいません。
男の子が生まれたら三歳の誕生日にはカートを送ろうと思っていたくらいです。
それはHONDAエンジンと共にトップに翔けあがった私のアイドルであるアイルトン・セナにあやかってのものだったわけですが、女の子だけですので妻からモータースポーツは反対をされました。
まあ当然といえば当然ですし、女性でフォーミュラワンというのは非常に難しい世界ですから、そのプレゼントも当然ありませんでした。

今後NSPクラブが発展していく中で、やりたいことの一つにドライバーとライダーの育成というのもあります。
ただそれもこれもまずはサッカーで成功を修めなければならないわけで、私の夢はまだまだ続いていくのです。
今はまずサッカーを一生懸命頑張って伝えていきます。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です