カテゴリー: 少年コーチのつぶやき

台東区に全天候型グラウンドを!

台東区に全天候型のグラウンドは、リバーサイド競技場というのがあります。

しかしながら、こちらのグラウンドは200mトラックで少年サイズのサッカーグラウンドさえ作ることのできない人工芝があるだけですので、とても多目的競技場とはいえるものではありません。

サッカーにこだわらず、ラグビー、ゲートボール(これはリバーサイドでも可能)、グラウンドゴルフ、ホッケーなどなどなど全天候に対応したグラウンドを作ってほしいと切に願います。

現体育協会の役員の方に聞いたところ、過去には計画があって、蔵前国技館跡地に作るから協力してくれと言われたそうです。

ただしご存じの通り、蔵前国技館跡地は水道局と駐車場になっており、そんな様子は全くないため、役員の方は笑いながら「騙された」とおっしゃいます。

まあ、過去のことは仕方がないと思いますが、これからを考えると避難場所のこと等を考えるに、台東区に一辺120m程度の広場は必要だと感じますし、今からでも水道局の駐車場を動かしたり地下化してでも作るべきだと思います。

これは愚痴ですが雨が降れば台東区のサッカー区民大会は順延となり、毎回成年部の役員がグラウンドを確認しに行くわけです。

そして本日も水が浮いているため利用ができないとなり、寂しい思いをして帰ってくるわけです。

私の五時半起床の時間を返せ!(笑)

※現在は審判部以外の役はすべて降ろしてもらいましたが、人がいないので手伝いです

と、愚痴は別として他区の状況やスポーツ振興の観点からも、全天候型の屋外グラウンドは必要だと考えます。

どうか台東区の役人の方、議員の方には真剣に考えていただきたくお願いいたします。

高校選手権の弊害

今年も高校選手権が終わりました。

前橋育英高校の初優勝で幕を閉じた決勝戦は、攻守の切り替えが早いスリリングな展開と書いているメディアもありました。

しかし、本当にそうだったのだろうかと、改めて昨日の試合を見てそう思った。

中盤を省略した展開、高めのディフェンスの位置と素早いクリア、深めで追い込まれたら闇雲なクリア…

言い方を変えれば素早い展開かもしれませんが、これでは普段私が嫌いな言葉を敢えて使いますが「世界に通用する選手を排出量できるの?」と少なくとも私はそう感じました。

はっきり書きますが、プリンス・プレミアリーグの方がおもしろいですし、レベルも高いわけで、そろそろ高校選手権のトーナメント方式をやめる時期ではないかと思うのです。

その一つに過密日程があるわけですが(同じ理由で甲子園も考え直した方がいい)、才能のある選手がここでつぶれてしまう可能性もあるわけです。

準決勝、決勝を見ていて、あまりのスライディングの多さ、リスクを簡単に避けるだけのクリア、これらが多いために試合はつまらないと感じました。

また、寄せが速いと言うよりは無謀な競り合いとも取ることのできるものをみせられて、とてもではありませんが、私が育成に関わっている選手たちには見せたくない質のものでした。

ただトーナメントを勝ち上がるだけのサッカーは見ていてつまらないものであり、関東ユースや高円宮リーグの上位の方がゲームとしては面白いかもしれません。

…と、例としては極端かもしれませんが、プリンスリーグの前橋育英、青森山田、流通経済大学柏を見ていてそう思うわけです。

高校年代の日本一は、高円宮杯であるのは間違いがないと本気でそう思うわけです。

そろそろ高校選手権を見直しませんか?

試合中に失敗を責めて怒鳴るコーチはアマチュア?

サッカーの審判で、コーチでいろいろなところにお邪魔させていただきますが、タイトルのようにゲーム中の失敗を責めて怒鳴るコーチはまだまだたくさんいらっしゃいます。

日本サッカー協会のライセンスを受講した方であれば、それがやっていいことなのかどうかは教えられますのでよくわかっていると思います。

しかし、現実としてはS級だろうとA級だろうとなんだろうと、失敗を責めて怒鳴るコーチは実際にいます。

たとえプロの選手を育成する場所であろうとなんだろうと、私はゲームは選手のものであるためその失敗を直接的にその事象だけを叱ったり怒鳴ったりすることはありません。

あくまでもそれがどうして起こったのか考えるような問いかけはしますが、自分の結論を押し付けて「ふざけんじゃないよ」といったような発言は、若い頃からもありませんでした。

それはプロフェッショナルに「指導すること」をしていた恩師がいたからで、二十歳でコーチをはじめた時に私の言動を厳しく注意し、見守り、問いかけていただいた方がいたからです。

私は練習中はそれはそれは厳しいです。

繰り返しの練習で合ったり、基礎練習でただのミスならいいのですが、集中力を欠いていたり、ふざけていたり、仲間を尊重しないようなことがあった時にはそれこそ「叱り」ます。

しかし自分の機嫌で怒ったりはしません。

その根底にあるのは恩師のプロフェッショナルな姿勢であり(実際小学校の教員としてもたいへんに優秀な方でした)、選手の考えを尊重し見守る、そして考えさせるコーチングがあったからであり、それを自分が少年選手であった時にそうされたことが自分の基礎になっているのは間違いがありません。

たまに高校や大学などでも失敗を責めあげつらう監督やコーチもみかけますが、自分であったならやる気がでただろうか?などと気になります。

私たちはなるべく早いうちにNSP CLUBとして教えることについてプロフェッショナルなコーチを揃えて、少年選手たちに楽しいサッカーを提供できる環境をつくるため努力していきます。

皆様に一日でもはやく報告できるよう、代表だけではなくスタッフ全員で現在取り組んでおりますので、少々お待ちください。

もちろん髙木も現場に立つ予定でおりますので、よろしくお願いいたします。