高校選手権東京予選は楽しみで仕方がない

高校選手権東京予選は11/8、9で準決勝が行われます。

私はそこに二人の楽しみな選手がいます。

Aブロックには修徳高校の3年生、小野寺湧紀くんがいます。
彼は小さいころから知っていて、私の子供と同級生でしたのでその姿をずっと追い続けてきました。
その学生サッカーの集大成が高校三年生で修徳高校のキャプテンとして全国大会に向かっています。

もう一人はBブロック、國學院久我山高校の1年生、澁谷雅也くんです。
彼は江戸川区に住んでいながら、当時のコーチであった高木成太の教えを学ぶために、葛飾区の我がサッカースクールまでやってきていました。
当時から足下の技術は素晴らしいものがありましたが、なによりも素直なその性格が、どんどんと技術を吸収していったのを記憶しています。
その後、ジェファFCに進み、東京トレセンなどにも選抜され、國學院久我山高校で活躍を始めています。

二人とも私が審判として同じピッチに立ったことがあり、その成長を見せてくれましたが、もっと高みをめざして運も手にして上に行ってほしいと願っています。

もちろんこの準決勝は楽しみですが、地区予選から見ていますがそこには私たちの教え子・・・というか、一緒にサッカースクールで楽しんだ選手、FC台東U-15で汗を流した選手がいます。
彼らも今いる場所で懸命に努力をしています。

その姿を見ることは、本当に楽しみでなりません。

毎週のように審判が入るため、すべてのゲームに行くことは不可能ですが、時間がある時には彼らのプレーをみるために、自転車で都内をうろうろしていることもあります。
それは彼らが私の希望であり、楽しみであり、未来でもあるからで、社会人になっても都道府県リーグや地域リーグなどで続け、次の世代に伝えてほしいと思ってます。

まあそれまではもう少しあるでしょうから、まだまだ枯れるわけにはいきません。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です