鈴木武蔵さんを侮辱するツイートに病的な差別が含まれていた件について

本人はこんなに大事になるとは思っていなかったのか、自分が正しいという人間が応援してくれると思ったのか、ジャマイカ人と日本人のハーフであり、日本国籍を有する選手として日本代表に選出されワールドカップ予選に出場する鈴木武蔵選手を侮辱するツイートをしていた。

しかも「大分サポ」を自称しており、オナイウ阿道の真似?とかいう、これまたオナイウ選手に対して失礼なツイートをしていたわけだが、本気でこういうサポーターはいらない。

私は何度も書いているがサッカーファンだが、サポーターにはなりたくないと言っているのはこういうこと。

コンサドーレのファンだけれども、アウェーで自分たちだけでしか勝利の喜びを分かち合わない姿勢のサポーターとは応援の仕方が違うし、90分飛んで叫んではしたくないため私はサポーターではないと言っている。

最近はゴール裏が嫌で、アウェーでも中央部分で観戦してぶつぶつ言っているほど。

・・・と少しそれたが、サポーターと言われる人の中に、過去にも「日本人以外おことわり」とか横断幕を出したり、必要以上に選手を威嚇してみたり、自分たちの勝手な思い込みで審判に暴言を吐いてみたり、そういう人が私には多いように感じる。

だからサポーターにはなりたくない、嫌いだと言っているのだ。

そういう人と同じに見られたくないから私はファンでいい。

件の大分サポは、先日のワールドカップ予選にも言及していたが、ミャンマー相手に最低二桁得点できないなんてのような書き込みをしていた。

私も少なくとも5点はとれたであろうとは思っているが、まずは勝ち点3を得たという事実を認めるべきであり、その後何が足りなかったのかは日本代表が考えることであって、サポーターやファンがどうこう言っても意味がない。

もちろん応援するということはたいへんに良いことであるが、特定の選手に対してクレームをつけるような、そんな応援についてはつまらないと思う。

まあ、私は本田圭佑選手と中村俊輔選手はどこまでいっても好きになれなかったので、応援することはなかったし、なんであそこで蹴りに行くの?ということも過去には書いた。

しかし、勝利したゲームの中でまずは結果を認めることが重要であり、負けた時の戦犯探しはするべきではないだろう。

もちろん考えることや指摘はいいと思う。

過去には香川真司選手に対して「うどん、いらねえ」などと書き込みをしていた人のツイートをミュートしたこともあるし、そういう応援やディスりは必要がない。

まあ、こうやってサポーター嫌いって書くと心が狭いだのなんだのとコメントしてくる人がいるが別段結構。

サポーターがいるのは構わないと思っているが、問題が起きた時に君自身が何をしたのだ?と問いたい。

私はその人たちと同じところに立つことをやめたので、外野から問題を見ているだけ。

ただし、このように問題があるのならどうしてなんだ?と言及はする。

応援の仕方は人それぞれだと思っているが、こういうサポーターという人がいる事実をきちんととらえ、自浄作用を発揮していただきたいと思うわけだ。

ただ一つ、サポーターに期待しているのは、あのスタジアムの空気をだしているのは君たちが多くの材料となっていることだ。

それは非常に好ましいことだと思っている。

そこを期待している。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です