赤福よおまえもか・・・

コンサドーレ札幌のメインスポンサーでもあった白い恋人の石屋製菓の消費期限改竄であれだけ問題になったのだが、今度は赤福である。

赤福はJリーグを目指す伊勢PERSONNA.FC(三重県リーグの所属チーム)のメインスポンサーであり、当クラブ顧問でもある木村氏が所属するM.I.E.ランポーレFC(東海社会人リーグ)とはライバルチームである。
※M.I.E.ランポーレFCは高木がプロとして現役最後に所属したチーム

実質、赤福のチームといっても過言でもないほどなのであるが、その赤福が消費期限改竄までをも行っていたということで、無期限の営業停止となってしまった。
赤福は伊勢神宮のお土産としても有名で、甘いものが苦手な私でさえ食べたことのある名物。

今年の初めに高木の現役最後の勇姿を見に鈴鹿まで行った際、初日勝ってついつい感激してしまい伊勢神宮まで行ってお守りの矢を購入した時も、家族への土産は赤福だった。
ライバルであるペルソナのとは知らなかったが、それは今でもあまり関係のない話で、サッカーの裾野を広げるために地元企業が中心となってくれるのはありがたいと思っている。

しかしそれは諸刃の剣で、メインスポンサーがこけてしまえば、その存在さえ危うくなる場合だってあるということ。
ペルソナは組織改変をしたため赤福に頼り切っていなかったようであるが、大きな痛手になることは間違いがないと考えるし、なによりチームイメージが悪化しないように望むものである。

個人的な考えになるが、三重県に二つJリーグを目指すチームが必要なのかという疑問もあるのだが、ランポーレとペルソナがいい形で協力できないものかと考えるがいかがなのだろうか。

なんにせよ赤福の早急な改善と、今後もペルソナへのスポンサー活動を継続していただきたいと望む。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です