荒木友輔氏、Chinaで笛を吹く

また、荒木氏が日本の新世代の審判を代表する人物で、まだ33歳であることを併せて伝えた。「試合を通じて、両クラブの対抗を盛り上げるという一貫した姿勢を保ち続けた。そして、ファウルの判定も速やか、かつ、的確で、双方の選手を納得させ、エキサイトするシーンを起こさなかった」と評し、この試合で荒木氏が見せたジャッジングは中国のサッカー界に「ハイレベルとはこういうことだ」と認識させるものであり、中国の審判に新たな手本が示されたと伝えている。

少々ほめすぎかもしれないが、評価されているのは良いことだと思います。

Chinaにおいてはまだプロリーグとしての歴史がJリーグに比較して浅いため、当然ながら審判の育成もまだ進んでいないという現実があるのだと感じています。

そんな中で日本人レフェリーとしてスーパーリーグで笛を吹き、基準を示すことができたのだとしたら、Jリーグ黎明期に欧州からきていただいたレフェリーの方々と同じ効果をおこしていただきたいと願う。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です