育成年代との接し方

一言で育成年代といいますが、幼稚園、小学校は低学年、中学年、高学年、中学校、高校と分かれることになります。

それぞれの年代で目標であったり、チームのレベルまたは本人のスキルで個々の目標は変わってきますが、これまでにこれを学んでおきたいというのがあります。

しかし、サッカーではなく、まずは「学習」を含めた「考える」ということをまずしなければならないと思っています。

うちのスクールでもレベルの高いプレーをする子供には、あれをしなさいこれをしなさいとそもそも言うことがありません。
まあ、スクールそのものが提案型で行っているので、すべての子供にやることをいちいち説明しません。

こういったことをするのに、体のどの部分をどうつかうと、結果としてこうしたことができるというのを、考えるためにやっているのです。

ですから、最初にするのはボールタッチだけではなく、体を動かすこと、ひいては自分の体を思い通りに動かすことができるようにするための運動を一緒にやります。

大人だと「自分の体は思った通りに動かせる」と勘違いしています。
実はなかなか思った通りには動かないのです。

それでその証明をした後で、じゃあどうしたら動かすことができるのかを考えながら、「指導」をしていくのです。

日本サッカー協会ではU-12でパーフェクトスキルの習得とありますが、それはこういうことなのです。

子供の時に脳で覚えたものは、後々になっても意外に問題なくできたりします。
これは子供の時に脳が体の動かし方を記憶しているからで、大人になってから難しいことをしようとしても、そうそうできないのです。

ですから子供のうちにパーフェクトスキルをとなっているのです。

さて、からだの動かし方はこんな感じなのですが、実はサッカーは賢くなければできません。
たったコンマ何秒の間にボールを受け、次のプレーをして、ゴールに向かう最適な選択をします。

これは頭の中で考えることですので、勉強だけではなく、天才的なサッカー脳があればできることになります。
ですがまずは賢くなるために何をするのがいいのか、トレーニングで最適なものは何かというと、「勉強」「学習」ということになります。

そしてさらに踏み込んで言えば、中学年代などで「勉強ができないのでやめます」というのは、結果としてサッカーと真剣に向かい合っていないか、言い訳でしかないと思っています。
かくいう私もぐれるまでは(両親との確執が明らかになるまで)勉強はトップクラスでした(笑)
それはなぜかというと「勉強しないとサッカーやらせないよ!」という、サッカーをにんじんに見立てたものだったからです。

今でもサッカーを続けられているのは、12歳までにきちんとした指導者についていたこと、その後も考えることを怠らなかったからだと思っています。

さて、考えること、体を思ったとおりに動かすことの重要性は今まで述べてきました。

では、実際にNSP CLUBで育成年代とどう接するのかといえば、教えるのではなくて一緒にサッカーをする中で一緒に考えること、あくまでも今までのことを伝えるということをしています。

あれをしろ、これをしろというのは簡単なのですが、育成年代が理解をしてやるまでは考えてもらわなければなりません。

このプレーの意味はどこにあるのか、その結果はどうなるから最適なものを選んだのかなど、結果までも考えなければなりません。

ですから私達は子供たちに命令することはありません。
提案であったりお願いでしかなく、それは本人たちがサッカーだけではなく考えることによって人間として成長することを思っているからこそのやり方なのです。

これは高木とサッカースクールをはじめた当初から一切変わっておらず、「○○やってみようか」という提案によりスタートし、その日のうちにまずはできてもできなくても結論を導き出すようにしています。
そういう流れで練習を事前に組み立てているわけですが、こういうことは机上で学んだだけではなかなかできないものです。

ですから私達はアマチュアコーチによる「指導」ではなく、プロフェッショナルによる「指導」の重要性を説いているわけですが、それは私達の学生スタッフであろうと誰であろうと同じようなやり方でやっています。

できなくても「なぜできないんだ!」じゃなくて「どうしたらできるようになるかな。できないとしたら他に方法はあるかな?」という問いかけによって、それぞれの子供たちの結論が変わってくることを許容しています。

残念ながら実力によって後々できる環境が変わってくるわけですが、少しでも高いレベルで行いたいと考えるのであれば、こういう考えのクラブやスクールで覚えていくのがいいと思っています。

そして育成年代において最もダメなのは命令するということだと思います。
よくいるアマチュアコーチの「パスしろ」「外を見ろ」「あれをやれ」「これをしろ」とどめは「そこでシュートだ!」・・・って、監督のゲームじゃないんですから思い通りに進めるべきではないのです。

あくまでもゲームは選手たちのもので、勝っても負けてもその結果は選手たちのものです。
指導者はその場に送り出すまでにどういう準備をするのか、できるのかということを考えればいいのです。

現在コーチとして入っているチームでも、私は選手のミスを怒鳴ったりあれしろとかはいいません。
あまりにも違うと思った時には、今のプレーがベストかどうか、それ以外の方法はなかったのか、ヒントはどこにあるのかということをアドバイスするだけです。
それが結果としてよい選手を生み出すことになります。

当スクールの出身で國學院久我山高校一年の澁谷雅也くんがいます。(中央SA-ジェファFC)
彼は本当によく考えてプレーしていました。
ミニゲームで大人と対するときにもどうやって抜こうか、ボールを取ろうか、そのためには何をするのか、勝てなくてもどうやって防ごうかなどなどよく考えていました。

もちろんそのためのスキルを磨くことを忘れていませんでしたから、非常に優秀なスクール生でした。

現在の彼を試合で見ていて思うのは、判断がすばやいこととそれに見合う身体の動きが可能であるということです。

優秀な選手ほど指導者は何もしなかったといいますが、雅也くんはまさしくそんなタイプでした。
勉強は・・・できるのかな?(笑)

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です