競技規則の変更はたいへんなことになりそうです

先日、競技規則伝達講習会に出ましたが、西村雄一さんが講師でした・・・

・・・・・ってことじゃない!!!

なんと今度の競技規則改編では93箇所が変わっています。

変わっていないのは・・・ボールのみ!

ということで、徹底的に競技規則を読み込まねばなりません。

オフサイドも見た目「違うじゃん!」と思われるものがあります。

例えば今までの競技規則では「オフサイドが起きた場所」からの再開だったのですが、これからは「オフサイドが確定した場所」からの再開となります。

具体的二例としては
1.戻りオフサイドで自陣に戻って攻撃側競技者がボールを受けた場合、攻撃側サイドからの間接フリーキックでの再開となります。
2.オフサイドが確定していない状態のルーズボールで、攻撃側競技者が追うか追わないかの判断がつかない状態から、急にボールを追いかけてオフサイドが確定した場合、ルーズな状態でオフサイドが起きた場所ではなく、追いかけてオフサイドが確定した場所となるため、守備側のゴール側にボールが進んでいる場合、ゴールに近い場所からの間接フリーキックでの再開となります。

あと、よく言われるペナルティーエリア内での三重罰ですが、基本的には従来と変わらないと考えていただいた方がいいでしょう。

警告対象となるのは「ボールにアタックしに行った場合」だけとなります。

ボールにいかず相手選手を倒してしまったり、ハンドリングで決定的な得点機会を阻止した場合には、従来と変わりなく退場が命じられ、ペナルティーマークからのキックで再開となります。

さらに困るのはゴールキーパーでしょう。

ペナルティーマークからのキックで、キッカーが蹴る前にゴールから飛び出した場合、警告が与えられることになりました。

つまり、二回飛び出すと退場ということになります・・・

ゴールキーパーの皆様、お気をつけあれ。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です