未だに聞こえる監督の罵声

自分も育成年代のコーチとしている以上、いろいろなことを考えながらやっていますが、NSP CLUBを通じて行っていることのなかに、選手に対して暴言を吐かないというもの、選手を(感情にまかせて)怒らない(叱る場合には、その理由と目的を保護者に伝える)などという取り組みをしています。

それは育成年代における選手たちへの精神的な影響を考えるからこそのことで、厳しいというのと暴言というのは結びつかないものだと思っています。

練習は厳しかろうが何しようが、少なくともモラルハラスメントな言動をするのは、少なくとも選手たちに良い影響を与えないと考えます。

しかしながら先日目にした試合では、両チームの監督が選手に向かって「てめえ、何考えてんだよ」とか、「おめえよ、やれもしないことすんなよ」とか、仕事場であればモラルハラスメントで訴えられてもおかしくないような言葉がグラウンドに響いていました。

はっきり書きますが、よくこのようなクラブにお子さんを預けるものだと感じます。

強豪だから?プロが出たから?
だからなんなのでしょうと思います。

プロになったのは確かに途中、そのクラブで活動をしたことも原因としてあるでしょうが、ではそういう選手にその頃のことを聞いてみてどう思うかということを聞いたことがあるのでしょうか。

私の知っている選手の中にも、育成年代で暴言を吐かれていたけれども、無視したという人が何人もいます。

そんな監督の言葉など響いていないというのです。

しかし、プロになる前に高校年代で素晴らしい指導者にあっていたり、大学で自分で考えることが多くなった等々、小学校、中学校で肉体的には鍛えられたけれども、精神的にはまいらないようにそうした監督やコーチの声など聞こえないようにするしかなかったと言います。

私も小学校、中学校時代にそうした暴言を吐くような監督やコーチにあたらなかったため、今でもサッカーを好きでいられますし、それどころか審判として活動しようなどとは思わなかったでしょう。

クラブチーム選択のため、いろいろな保護者の方から相談を受けることがありますが、私はこうした監督やコーチがいるクラブはまずおすすめしません。

どんなにクラブとして強豪であろうと、そうしたクラブでは全部が成長できないと考えるからです。

その点私たちはどうしていくのか、どうするのかというのは、高木を筆頭として楽しいサッカー、プロを目指すだけじゃない育成を考え、それでもプロになりたい選手にはどういう環境を与えるのかを考えながら、これからもクラブを運営していきたいと考えています。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA