最近の御厨くん情報・他

御厨貴文くんは、前にこのブログでも何回か紹介したことがあるレフェリーで元Jリーガーという経歴の人物です。

さて、現在の彼はと言うと主審としてJ2まで担当しており、J1でも第四審を担当するところまで来ました。

異例の出世スピードですが、私はこれは彼のサッカー競技のレベルを考えれば当たり前のことだと思っていて、審判として問題がないと判断するのであれば、トントンと上がってもらわなければ次の世代のJからの審判員が生まれなくなると考えるため、この出世スピードについては賛成です。

すっかり上級となったため、くだらない話もできなくなりました(苦笑)

割当のことがわかってしまったり、審判員として知りうることを知ってしまったりなど防止するためには、どうしても距離をあけざるを得ないところがあるのはやむを得ません。

それはJリーグで審判をやっている仲間たち全員に言えることで、誕生日のお祝いメッセージくらいで、サッカーの話はしないで家族の話であったりとなってしまうのは寂しい部分もありますが仕方がありません。

だが、それでも私は彼らを応援していますし、彼らが引退後に飲みながら馬鹿話ができる日がくれば楽しいかなと思っています。

ただし、いま30前後のレフェリーとなると、私はいったいいくつになっているのだろうかという疑問はありますが(笑)

つい先日もS2級の仲間と組むことがありましたが、彼にもS1級だけではなくJリーグの審判となるレベルまで行ってほしいと思っている(実力も当然備えています)ため、アセッサーの前ではっきりと申し上げました。

そういう若手を見ていることが、私にとっては楽しみでしかありません。

考えてみれば40歳以下のS1または国際審判員のほとんど(飯田淳平くんを除くだけか???)の審判員と組んだことがあり、また彼らがS1チャレンジの直前に組んだ人たちもいるわけで、彼らの活躍をいつも祈っています。

それにしても、先日仕事の担当者と同姓同名の審判員に電話をかけてしまい「何かあったのか心配になりましたよ」と折り返し電話が来て、私の間違い電話に気が付くなどと言う事件がありましたが^^; まったくもって申し訳ないm(__)m

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA