日本vsイランの審判評

昨夜、アジアカップの日本vsイランが行われ、現在アジア最強と言われるイランに3-0と勝利をしました。

結果はさまざまな人がレビューしているので、私は審判をフォーカスしてみようと思います。

後半立ち上がり、酒井へのイエローカード提示については疑問が残っています。

あのシーンで、手を出しているのは事実であるためハンドリングは採用すべきだとは思うが、あのシーンで得点につながるチャンスとなったのか、また故意にシュートを邪魔したなどのシーンだったかと振り返ってみると、あれはボールが正面に来たので目をつぶってよけたと感じられました。

このシーンをハンドリング&イエローにしたのであれば、日本の二点目につながったイラン選手のスライディング時の手に当たったハンドリングを採用しなければ明らかにフェアな笛ではなかったとなりますが、少なくともPKとしたのは間違いではなかったわけです。
そのため、なぜVARまで必要としたのかがわかりません。

自分で正しい判定であると言うのであれば、吉田の得点取り消しと同じ手法でPKを蹴らせて、キックオフ前までにVAR側にチェックを任せるというのもありだったのではないか・・・などとも感じました。

なぜなら、彼は正しい判定したと感じるからです。

後半立ち上がりの酒井への警告以降、日本に不運な時間が訪れます。

私は「レフェリーは試合中に怪我でもなければ変わることなどない」と思っているため、例えば明らかにイランの競技者に当たってコーナーキックをとられたシーンなどを考えても、仕方がない次!という風に切り替えねばなりません。

その切り替えを昨日の日本はできていたのではないかと予想をしています。

その後しばらくの時間帯は日本に不利な時間帯が続きますが、56分に南野が倒されたシーンでイランの競技者が主審にノーファウルまたは南野のシミュレーションを訴えていたように見えたシーンで、南野が切り替えて立ち上がり大迫のヘディングシュートにつながりました。

レフェリングの不運を乗り越えた先に歓喜があったのですが、あのシーンにおいてはレフェリーのミスは特になく、イランの集中力が切れたということだと理解をしています。

そして二点目のイラン側競技者のハンドリングへとつながるのですが、このあたりでは逆にイランではなく日本への風をイランの競技者は感じてストレスを感じていたのではないか?と思います。

決してレフェリーのジャッジが悪いわけではないのですが、なぜか自分の方へジャッジが転がらないというのは往々にしてあるわけで、その切り替えができなかったのが昨日のイランだったのではないかと考えるのです。

その後もレフェリーは実はしっくりこない感じがありましたが、それはアズムンに対しての注意が欠けていたからではないかと感じます。

なぜなら、アズムンは残念ながら四年前もそうでしたが、短気を起こして相手競技者へフットボールコンタクト以上の「攻撃」を仕掛けているのが明白だったのですが、レフェリーから注意された様子でもなく、その後の大迫への蹴り、柴崎への暴力となってしまい警告の対象になっています。

ここも問題なのですがアズムンはあのシーンでは暴力ですので「退場」ではないか?という議論が起こってもおかしくないと思われます。

また、イラン側競技者のストレスが爆発してしまい、結果として最後はきれいにしめることができませんでした。

試合を通してムラが目立ちましたし、明らかなるミスジャッジ(イランにとっても、日本にとっても)が散見されるわけで、アジアカップの準決勝に割り当てられた審判員としては、物足りないと感じました。

試合後の振り返りがどうだったのか気になります。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です