日本代表の強化とJリーグの強化

昨日ブラジル相手の「テストマッチ」で、ブラジルに大変失礼なことをしたと思っている。

圧倒的に格下である日本が、ブラジル相手に飛車角抜きなどというのは、なめているとされても仕方がないだろう。

ただし、今後のテストマッチは当然ながら今回のような人選が必要だと思っている。

Jリーグで活躍した選手は、どんどん海外で修業をしてくればいい。
ダメ出しをされたらまた戻って努力をすればいいわけだし、その結果また海外から呼ばれるかもしれない。

なんで海外に行けというかというと、日本とは違うサッカー、特にヨーロッパや南米の選手を知ることにより、そのサッカーの質を高めることができるようになるということと、より高いレベルのチームに移籍することにより、得られるものが多いであろうということだ。

残念ながらJリーグのチームは突出したチームがないのだが、それが悪いところでもあり、良いところでもあると思う。

日本の二部リーグであるJ2は世界でも屈指の二部だと思われるし、なによりもその中位以上の競争と言うのはたいへんに高いものがある。

だからこそそこで若手とベテランの融合を果たし、レベルを上げることが日本代表にとって将来の財産となると考えている。

だが残念なのかどうかはわからないが、J1は戦力の拮抗が徹底しており、また大きな特徴のないチームばかりで、例えばフランスリーグアンであったり、スペインリーガのように突出して特徴のあるチームがない。
それらのリーグにはトップチームだけが得ているというものもあるかもしれないが、そこで得られるものも多いようにも思う。

その意味で数年前に検討された日本のプレミアリーグ構想というのも理解できなくはないが、今は全体の底上げを考えるのであれば今の状態を高めていくことが必要だと感じる。

日本代表は海外組が多くなるのは仕方がないが、日本代表を強化するためにはJリーグをもっと高めていくしかない。

クラブワールドカップに残念ながらこのところ日本チームが出ていないのがたいへんに残念だが、そこに必ず予選突破できるようなチームがでてこなければその先は見えてこない。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です