感謝!

令和元年という記念すべき年に、東アジアシニア選手権のため韓国へ行ってきました。

これは、今年の全国シニア大会東京予選でFC武蔵ユナイテッド優勝したことによるもので、今年度リーグ制覇と予選決勝で闘った四十雀クラブ東京さんとの合同チームで行って参りました。

自身のサッカーキャリアで、こんなにレベルの高いところでやったことはないでしょうし、Chinaや韓国には元代表選手が何人もいる中で、我々は年代代表に選出されたことがあるのが平山さんだけでしたが、頑張って闘ったことだけは事実です。

まあ、相変わらずわたしはへたっぴいですが^^;

パンフレットも立派でした。

ソウルではみんなで食事をしたり

最高の三日間でした。

東京でチャンピオンになったことが、こんなに素晴らしい経験を与えてくれるのだと改めて思いました。

シニア連盟の藤沢会長ともお話ができましたし、四十雀のみなさんとも交流ができたことは、一生の思い出になります。

昨日まで今後のサッカーとのかかわり方を真剣に考えていました。

この一か月半ほど毎日のようにいろいろなことを考え、関係者にも相談させていただき、自分が今後どのようにするのかというのを悩んだ末に、競技者を今のペースやレベルでやることを一度スピードを落とし、審判員の育成に今の数倍のパワーを割こうと考えました。

そのため、競技者としてはゆるゆるとさせていただき、審判活動もおよそ半分、そして審判インストラクターの活動に力を入れていこうと考えました。

つまりはこの素晴らしい経験をさせていただいたクラブを辞めることになるのですが、まあそろそろスキルの限界も見えているわけですから、若くて巧い選手の邪魔にならないように去るのみです。

FC武蔵ユナイテッド50のチームメイトおよびスタッフの皆さんには、ここであらためてお礼を申し上げます。

二年間ありがとうございました。

しかし、私たちはサッカーを通じた仲間ですから、一生おつきあいいただきます(笑)

また一緒にボールを追いかけましょう。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です