幸せなサッカー人生

今年度の全国シニアサッカー大会の東京予選で優勝したことにより、来週末から韓国で行われる日中韓シニアサッカー親善大会に選手として出場してきます。

まさかこの年で国際大会とは^^;

55歳という年齢を迎えたことで、来年度からの審判活動の見直しを考えているのと並行して、選手活動をどうするのか、どこでやるのかなどを考えています。

今のチームに残るのか、残るとしたら何ができるのか、審判活動およびインストラクター活動との平行は可能なのかなどなどなど、考えるべきことはいっぱいあります。

しかし、それもこれもこの年になっても動くことができること、審判として数々の大会などに参加させていただけているからこそ言えることで、本当に幸せなサッカー人生だと思っています。

その恩返しの意味も含めて審判インストラクター活動も、後進の指導を含めて考えなければなりません。

シニアオーバー50の選手としてはヘタッピだし、そろそろスピードも落ちてくるであろうし、そうすると私はなにをすべきなんだろうと本気で考えています。

そのため、あちらこちらに決断をお話ししなければならないのですが、まだ結論が出ていないので迷惑かけております。

自分としては死ぬまでなんらかの形でサッカーと関わっていきたいと思っていますし、必要としていただけるのでしたら、その場で努力をしていこうと思っています。

確実なのは台東区サッカー連盟の副部長は継続するということと、審判をどのレベルでやるかは別として行うこと、そしてサッカーボールはどこかで蹴りたいということです。

まさかこの年まで審判も、選手も継続しているとは思ってもいなかったため困惑している部分が実はあるのですが、それは健康や必要としてくれる方々がいるからと前向きにとらえています。

FC武蔵ユナイテッド50の最終戦が11月にあるため、その前後には決めないとな・・・と思っているため、もう少し悩もうと思っています。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です