審判仲間と思ふこと

この秋のS2級昇級では、四人の仲間がステップアップしました。

たいへんにうれしいことで、私にとっても目標にしていることなので勇気づけられる反面、年齢による衰えをもう少し先延ばしするための努力をさらに続けていかなければならないと思っています。

それにしても、東京都サッカー協会のアクティブレフェリーとしてもうすぐ10年なのか…と思うと、本当にいろいろな仲間と知り合えたのは当たり前かとも思います。

そんな中で、また一人レフェリーカレッジでチャレンジをする仲間が出てきたことを、本当にうれしく思いますし、今後の活躍に期待をしています。

同カレッジ出身で仲良くさせてもらっているのは、彼の最後のS3の試合となったゲームで副審を一緒した荒木くんですが、今ではS1となりJリーグで主審もつとめています。

そういう若者を応援するためにも、自分自身がまずその身を律し、彼らの手伝いをまずはこなすことをしなければなりません。

そのためには日々の鍛錬が必要ですし、食事にも気を遣わなければなりません。

サッカーに興味のない仲間は、私のそうした姿に呆れていたり、酒を飲まないと決めたら徹底している部分を嫌がっていることもあります。

しかし、もう少しこのレベルで審判を続けるためには、こうした普段のことが必要になってくるのです。

どうか、こういう私もいるのだと理解をしてください。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です