審判のことはお休みして体のケアについて

昨日も素晴らしいレフェリーと出会って、また学びを得ました。

30年近くも審判活動をしていても、まだまだ学ぶべきことや気が付くことがあるのだと思っています。

一緒にフィールドに立った仲間もまた長く審判を続けていますが、彼も「奥深いよねえ~」と賛同していました。

さて、本日は審判活動に関係はありますが、体のケアについて書いてみます。

私はそもそも体が丈夫な方で、特別なトレーニングをしなくても人より足が速く、高く飛び、力も強いフィジカルを両親からもらいました。

それでも不安で選手として本気の活動(自分の中でO-50の本気とは違いすぎます(笑))をしている時には、毎日のように走り、自分を追い込んでいましたが、齢50にてそろそろ体にがたがきはじめました。

長くスポーツを続けていらっしゃる方にはよくある「膝の痛み」というのもでてきましたし、最近はうちにあるソファの柔らかさで腰を痛めたりすることもあります。

そんな時にお世話になっていたのがスポーツを中心とした痛みを緩和してくれるスポーツマッサージです。

ここでお世話になっているのが葛飾区青戸にある「南葛鍼灸整骨院」(東京都葛飾区青戸4丁目9−6 サンリッツ・フラット 1F)さんです。

院長の石川さんは修徳高校サッカー部のOBで、現岐阜のGKである高木義成さんから紹介をしてもらいました。

一週間の体の疲れや痛みを緩和するためのマッサージをお願いしてもらっています。

ところが、このところ本格的に体のズレが気になってきていたので、スポーツ整形を探していってきました。

「かつしか江戸川病院」(東京都葛飾区高砂3丁目27−13)にスポーツ整形があるというので、細かく検査をしてもらった結果いろいろなことがわかりました。

やはりというか経年劣化でしょうか(苦笑)両膝の内側の軟骨が少々すり減ってきていることがわかりましたし、膝の痛みにつながる原因もいくつかわかりました。

結果は普通の生活を続けるのなら問題はそれほどないのだけれども、まだ審判や選手として活動をするという希望があるので、リハビリ・・・というか、体のバランス取りをするための活動がはじまりました。

股関節の柔軟性をあげることであったり、私の場合力に頼って腿の前側を使ってしまっているようなのですが、ボールを蹴る作業の場合は腿の後ろ側も当然ながら必要なわけで、なぜそうなってしまったのかもわかってしまったため、日々のストレッチで治していくことになりました。

それがまたきついっ!(笑)

こんなのをO-50のチームのストレッチで入れたら、試合前に死亡者が続出しそうな勢いのやつで、バランスも求められるのです。

まあ私のウイークポイントを徹底して鍛えるやつなんかは、私にとってきついのですが、膝の柔らかさとバランスを取るストレッチは、まあ見事なまでに立つまでできない人がいるんじゃないかという感じです^^;

しかし、これからもサッカーを続けていくうえで間違いなく必要となってくるのですから、月に最低2回のリハビリに通いながら毎日のストレッチを続けていこうと思います。

それと・・・4kgのダイエット!(笑)

ほんと、みなさんにはお世話になっています。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です