多くを求められてもプレーは無理です(笑)

本日はFC町田ゼルビアの帯同として、T-3の審判を行ってきました。
この機会を与えてくれたじんちゃんことFC町田ゼルビアユースの神野コーチに感謝です。

思ったのは片一方のチームは先週審判をしたチームだったのですが、先週とは全く動きが違うので、別のチームかと思ったほどです。
それほど今日の試合はT-3としていい試合だったと思います。
結果としてはロスタイムに入る直前で同点となったのですが、両チームともよく頑張ったと思います。
(保谷高校 vs 城北高校)

おかげで今日はフィールドを斜めに走る距離が長いったらありゃしません。
高校生のスピードは社会人のトップよりは遅いといえ、それでも四部レベルしか経験のない審判ではかなりきついことになるのは間違いがないでしょう。
ということで、夕方からの練習試合のために足を残しておこうなどとは思わず、審判として必死に走ってきました。

で、トップチームの練習試合に行ったのですが、遅刻者のため人数が足りないと言う状況になりました。
口をすっぱくして遅刻に関してはやかましく言っているのですが、なかなか直らないというのも頭が痛いところです。
監督として戦術で何かを言おうとする以前に、まず遅刻だったり態度だったりという部分からやらなければならないとなると、雑用が増えるばかりでどうしようもありません。

結局8人でのスタートで、私は主審として入っていました。
途中で遅れていた3人がフィールドに入りゲームを続けましたが、ゲームがしっちゃかめっちゃか状態で、まとまりもつかず三本目にはとうとうけが人がでたため、全く余裕のない中でボランチとしてゲームに出ました。

はっきり言えるのは、監督としての外から見たものをやりたいのですが、現状結局選手がそれらのモチベーションがないのかぐだぐだな訳です。
そのためまじめにやっている選手が「俺って馬鹿をみているんじゃないか?」と思ってしまい、チーム不和の原因となってしまってくるのです。

私も帯同審判の件で遅れるとは言いましたが、それにしても開始時に11人が揃っていないのは、相手チームに対しても失礼ですし自分の仲間にも失礼だと感じます。
それぞれ忙しいのは理解できますが、しかしNSP CLUBってのは日曜日に活動をすると宣言しているわけですから、日曜日は極力サッカーに専念していただきたいと感じているのです。

そんな中で足に余裕がない私はボランチという専門外のポジションで且つ、足が上げられない状況でプレーをしたのですがこれまた相手に失礼なもんです。
余裕があればまだましではあるんですが^^;

どちらにしても悩みのタネがあちらこちらにあるのですが、私にかかっているわけです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です