南葛SC問題は確実に解消へ向かい未来があります

ということで、南葛SCを応援している工藤です。

一番の問題は運営体制にあったわけですが、昨年春に運営体制が変わり
・高橋陽一代表
・岩本義弘GM
の元、あらたな体制でスタートしたことにより人的な部分は解決しました。

そしてなにより、グラウンドの問題に対して本気でグラウンドを作る、スタジアムを自前で作ると考えており、これは区民の財産としてふさわしいと考えられるため、できることをやっていこうと考えた次第です。

昨日、本年の選手と背番号が発表されましたが、36人体制と言う関東一部リーグとしては極めて潤沢なメンバー構成で臨むことを発表しました。

しかしそれは、私が鈴鹿で見たあの「全国地域チャンピオンズリーグ」を勝ち抜くための人員構成であるが、関東リーグを一位抜け、もしくは全国社会人トーナメントで上位に入る・・・ただし、昨年は全国社会人が中止となったため、安全な狙いは関東リーグ一位しかないわけです。

そしてその参加に対してルールも数年前から変わっており、一定期間の登録がなければチャンピオンズリーグに参加できなくなったため、その対策として南葛SCはこれだけの潤沢な補強をしたと言えます。

稲本くん、関口くん、今野くんのような日本代表経験があるまだ現役で通用する選手を呼ぶことは、南葛SCというかフロントの本気度がうかがえるわけです。

近いうちには練習グラウンドもでき、スタジアムもとなれば区有財産でのスクールや占有も少なくなり、少年チームからも歓迎の声が挙がってくるのは間違いがないでしょう。

ただし早晩スタジアムの問題ははっきりしてくるわけで、どれだけ早く話をまとめることができるかというのが重要になってくると思われます。

葛飾区単体では難しいわけで、しかし江戸川区には東京23FCがありますし、そう簡単に協力はしてくれそうもないわけです。

葛飾区総合スポーツセンター陸上競技場(通称:奥戸競技場)では、スタンドの人数は圧倒的に少なく、芝生席側の整備も間違いなく必要となるいうえ、それ以上の問題は「人工芝」であること。

それを考えれば南葛SCがいま進めているスタジアム計画を、周囲の協力をもって解決するべきであり、関係各位にはなんとかお願いをしたいとしかいえない(そんな何十億も私には当然出せないため)わけです。

工藤個人としては選手への個人スポンサーと、株式会社ウッチーズによる選手の食のサポートができないかと考えていますので、それを実行するための手段を考えます。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA