ヴェルディはラモス監督が勇退して柱谷哲二コーチが昇格との噂

別段普段からお付き合いがある方たちではないのだが、ラモスさんは今から10年前に友人の結婚披露宴でお会いしたのが「ファンとしてではない」状態で会った最初だっただろうか。

普段政治家だろうが有名人だろうが全く関係のない付き合いをする私なのですが、ラモスさんだけは大好きな方でしたので隣に立って写真を撮った時にはがちがちに緊張してしまいました。
これだけ緊張するのは、あとはYMOのお三方かLED ZEPPELINのメンバーだけかもしれません(笑)

それ以後もいろいろな場所でお会いすることが会ったのですが、ファンに対しての姿と言うものは非常に温かく、友人に対しては熱いお付き合いされる方だと感じました。
だから今年ヴェルディの試合を見に行った際、監督として熱く戦っている姿に同じだなぁと感じたものです。

対して柱谷さんは実は同じ年で、あちらこちらで学生時代から顔を合わせてはいたが、別段お付き合いがなかったのであるが、ある方の引き合いでコンサドーレ札幌の監督になった際、西麻布のあるカラオケバーで内輪の就任祝いをした時に、きちんと話をした最初であった。
主催した方が私の「コンサドーレ愛!」を知っていたので呼んでいただいたのであるが、コンサドーレに対して熱く語る私を柱谷氏は「熱きファンの代表」としてみていたかもしれない。

まあその後は地獄の勝てない日々が続いたのであるが・・・

それ以降は遠目でお話しすることもありませんが、私にとってヴェルディは特別なチームなものですから、どこかでまた熱く語るやもしれません(笑)

ただ柱谷さんは過去コンサドーレで大失敗をしているのであるが、それを払拭する活躍をできるのか?というのが来年のスタート時にどうやって払拭するか、もしくは結果を残すかであろう。

そうそう、そういえばもう一人の熱き・・・というか楽しき「兄貴」都並さんであるが、来年はどこかで復帰しそうな感じだと噂が聞こえてきた。
ベガルタでもセレッソでも結果を残すことができなかったわけであるが、今度はどこまでやれるのか注目である。

カズくんは引退する気は完全に無いようであるが、私としてはそのハートを監督として後進に伝えて欲しいと思っている。
でも・・・無理なんだろうな・・・

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です