モータースポーツからの事実上撤退

三菱自動車が事実上モータースポーツから手を引くことになった。

2010年3月10日(水)
三菱、ラリーアートによるモータースポーツ活動を廃止(carview.co.jp)
三菱自動車は、モータースポーツ活動やアフターパーツ販売を手がけるラリーアートの事業を、3月末をもって縮小することとなった。

廃止となる活動は、モータースポーツユーザーの支援全般、ラリーアートメンバーズクラブ(RMC)、オンラインショップ(インターネット通信販売)、ドライバーズレッスン等のイベント活動、ウェブを通してのメールマガジン、モータースポーツ情報発信など。これらの活動の廃止日は4月1日。ラリーアートオンラインショップでのインターネット通信販売は、3月28日(日)までの注文となっている。

なお、ラリーアートパーツ、ラリーアートコレクション(キャラクターグッズ)等のラリーアート商品販売は継続される。

ラリーシーンではスバルが大好きな私であるが、実は三菱にはお世話になったことがある。
サラリーマンとして二社目の会社でオーストラリアンサファリに参戦したことがあり、その際に三菱自動車とラリーアートにお世話になったのである。
実際走ったのは私ではないが(ライセンス停止中でした(苦笑))社員チームとしてNクラスで好成績を残したのはラリーアートのおかげだったのは間違いがない。

こうして企業体力がなくなりモータースポーツからの撤退が相次ぐことは、なんともさびしいことであると考える。
三菱は既にラリーのワークス活動から撤退していたわけであるが、今後の営業内容を考えるとあたらな開発ではなく、今までのユーザーへのサポートとして部品販売を継続するというようなもの。
スバルもWRCでのワークス活動をやめており、F1ではホンダ、トヨタが・・・
日本におけるモータースポーツの火は消えてはいないが衰えている。
私にとってモータースポーツはサッカーと等しいほど情熱を傾けたものであるためなんとも悲しい。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です