オフサイドの文言改定・・・面倒なだけなんですが

オフサイド
まだ俎上に上がっただけのようなのですが、ただでさえ難しく感じる人が多いオフサイドが変わるとなるとまた「複雑になるのではないか」と心配になってしまいます。

オフサイドの解釈変更を検討 国際サッカー評議会 – MSN産経
2013.2.4 23:13

 サッカーの競技規則の改定を協議する国際サッカー評議会(IFAB)が来月の会議でオフサイドのルール解釈の変更を検討すると4日、AP通信が伝えた。焦点になっているのは競技規則で「オフサイドの位置にいることで利益を得る」という条文の解釈。国際サッカー連盟(FIFA)審判委員会の提案は、たとえオフサイドの位置にいても、相手選手からのバックパスなどを受けた場合は反則にならないと明確化するよう求めた。(共同)

記事を読んでみると要は「オフサイドポジションにいても反則とならないこと」を明文化しようということがわかります。

でもこれっていります?ってことです。
審判の研修会では守備側選手のバックパスについて触れることはありませんが、それをオフサイドと取ることは現在でもありません。
それはルールにおいて前方へのパスやキックに対してのものであるからで、後方へのパスへのアタックは含まれていないからです。
そういう意味で「必要なの?」と思ってしまうのです。

もちろん必要な変更はきちんとするべきでしょう。
例えば服装規定でジャージー(原文まま)とショーツとしたのは、ワンピースのユニフォームが出てきたからで、それが良い悪いは別で運営側も含めたサッカーに関わる人が混乱しないためという目的があるからです。
しかし今回の明文化はいかがなのでしょうか・・・と感じます。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です