お父さんコーチへのエール

お父さんコーチには頭がさがります。

私は男の子がおらず、子供たちはサッカーをしなかったので、コーチとして自分の子供がいるところをタッチすることはありませんでした。

その代わりと言ってはなんですが、少年カテゴリだけではなく、社会人や中学、高校年代の監督やコーチを経験させていただけるチャンスをいただき、今も審判とプレーヤーをやりながらもコーチをする環境をいただいています。

練習のために家庭も仕事も放りだしてやっている人もいますし(もちろん家庭が理解してもらっているからできるのです)、平日練習や土日にきっちり休むために練習のない日に鬼のような残業をこなし、平日の会議が長引けばいらいらして「練習が始まってしまう」なんてプレッシャーをもってやっておられることでしょう。

そこまで人生に打ち込むことができることとは素晴らしいことだと思っています。

だからこそ、真剣に自分がどうあるべきなのかを考えてほしいと思うのです。

お父さんコーチの多くは「無償ボランティア」です。
基本「有償」でしか動くことのない私には、本当にすごいことだと思っています。

しかし、その無償と有償の違いは大きなものがあるのですが、それがどうこうとは言いません。

お父さんコーチは、小学校などであれば子供がお世話になっている間、コーチをするという方が大半です。
運営のために打合せ(飲み会もしょっちゅうですが(笑))をし、審判をやり、奥さんから家事をしないと文句を言われ、それでも子供がいるからとグラウンドに足を運んでコーチとして立っています。

そういう方が多くいるのはよくわかりますし、本当に頑張っているのだなと思います。

ところがそういうお父さんコーチの多くに「息子のいる学年しか興味がない」「強くなる意味が分からない」「サッカー経験がないから審判なんかできっこない」ということを発言する人がいます。

クラブとしてどうするのかという違いはあると思います。

無償ボランティアとしての限界で、クラブの指導はここまでしかできないというのは理解します。
だからスーパー小学生はより強いクラブに移籍したりします。
ですがそんなことがあっても町クラブはそういう無償ボランティアの方に支えられて動いているのが事実です。
そのため、クラブとしてできる範囲があるのはその通りだと思いますし、その中でクラブをどういう方向に持っていくのかというのは、それぞれのクラブの中に共通のものを持っていると感じています。

私がお世話になっている台東区でもブルーファイターズというクラブチームがあります。

ボランティアに支えられておりますが、東京都のTリーグでは1ブロックでも上位を獲得しており、東京都U-12も狙えるような位置にいます。

このチーム出身で、昨年ニュースにもなったのは柏レイソルユースからハンブルガーSVに移籍をした伊藤達哉くん、東京ヴェルディユースからトップへの昇格が決まった郡大夢くんがいます。

彼らを快く送り出したコーチたちを知っていますが、今も彼らが帰ってきたときに優しく迎え入れてくれています。

私はそういう立場にいないため、移籍をした選手への興味は半減以下となってしまいますが、ブルーファイターズのお父さんコーチたちはプリンスリーグでの活躍に目を細め、その活躍を応援しています。

こういうところでも、お父さんコーチの懐の深さは素晴らしいものだと思っています。

こういう人たちも多くいるのは知っていますし、私は彼らをリスペクトしています。

しかしながら、決してそういう人ばかりではないというのもまた事実です。

先ほども書きましたが、自分の息子の学年しか興味がなかったり、なぜサッカーをやるのかという意義を見出さず、ただこなしているというのは本当に子供たちにとっていいのか?という疑問がわいてくるのです。

実例ですが、お父さんコーチの息子の学年を監督していて、彼は息子をずっと試合に出し続けるということがあったそうです(その逆もあるようですが・・・)。
それが突出したプレーヤーであったとしても、同じ学年の保護者からは文句が出たり、快く思われていなかったり、陰口をたたかれるということが往々にしてあるようです。
さらにその監督は息子の卒業とともにコーチもやめてしまい、今では全く協力をしないので余計に陰口をたたかれているという人を実際に知っています。
(言っておきますが、ブルーファイターズじゃないからブルファイのコーチは気にしないでよ!(苦笑))

私のように二十歳からコーチをやっていて、当然ながら息子もいない中で監督をしていても、保護者とはすごく無責任なもので自分の子供にしか興味がない人というのをたくさん見てきました。
起用法に文句を言ってくる人もいましたし、出場時間が他の子よりも1分少ないなんてクレームを受けたこともあります。

私がコーチをする時のスタンスは、基本的に全員を出したいと思っていながら、しかし「この試合に勝てばカテゴリが変わる」というような試合には選手起用が偏ることがあるというものです。

プロフェッショナルなコーチではないため、その戦績でボーナスが出るとか報酬が変わるとかはありませんが、選手たちにもう一つ上の景色を見せたいというのは絶えず思っていますから、そういう起用法になるのはやむを得ないと私は考えています。

それが私自身もすべてではないと思っていますし、チームの底上げこそがそのクラブにとって良いものになるのであれば、絶えず平均的に起用するなどでもいいと考えています。

ですから、それぞれのコーチ(お父さんコーチだけではなくて)は本気で悩んでいるはずです。

少しお父さんコーチからはずれてしまいました。

とまあ、特に小学生チームではこういう環境や議論の中でお父さんコーチが多く活躍されています。

その中から素晴らしいプレーヤーが生まれてきているのは事実で、そこから別のクラブを経由して台東の二名のような選手もでてきたりします。

これが事実でありすべてだと思っています。

だからこそ審判のところでも述べましたが、グラスルーツこそ大事だと思っているのです。

たまに「D級指導者を取る意味が分からない」とかいう人の意見を聞くこともありますが、私はC級を受験した際に「人の教え」なり「JFAの指導要領」を考える機会に接し、何をしたらいいのかというのを整理することができました。

ですからコーチとして30年以上サッカーと接している中で、まだまだ学ぶべきものはありますし、時代によって変わっていくものも多くあるために、常に学ぶ姿勢というのが必要になります。

もちろん仕事や家庭で忙しくて、それらを犠牲にしてグラウンドに立っているお父さんコーチにも、そういう学びをするべきだと思っているのです。

審判は競技規則にかかれているものを施行するためにいるので、その範囲というのが明確に決まっています。

しかし、指導というのは指針はあったとしても、明確に何をすればいいのかというのはどこにも書かれていません。

共通だと思うのは選手を楽しませることだということだけだと思っています。

巧くするなんてのは、その先におまけのようについていることなのですが、そこに持っていくためにどうするのか、巧くなったら今度はその先をどうするのか、ずっと考えることがあります。

もう一度最初に戻りますが、本当にお父さんコーチたちには頭がさがります。

だからこそ、自分が真剣にどう取り組んでいるのかを考えていただきたいと願っています。

努力をなさっているお父さんコーチをリスペクトするからこそ、敢えて文章にしてみました。

もし、問題があるような点がありましたら、コメントやメッセージでいただけると幸いです。

5 comments

  1. ”勝敗にはこだわらない 少年サッカー”というキーワードで、
    こちらのサイトへ辿り着きました。
    私の経歴や考え方と重なる部分があり、思わず書き込みです。

    私も20代前半から、知人から誘われた事がきかっけで、
    自分の子供がいるわけではありませんが、少年サッカーの指導をするようになり、
    その後、工藤さんが書かれているような少年サッカーの現実にぶち当たり、
    つまりはボランティアチームで指導を行う事の限界を感じ、
    30代前半で一旦離脱も、ある事がきっかけて4,5年後に再開。
    理想的なチームを求めて、チームを転々をしながら現在に至ります。

    神奈川、広島、名古屋といった地域で指導をしてきましたが、
    それぞれの地域毎に特色があり、また異なる課題を感じました。
    例えば名古屋市は、少年サッカーチーム自体、非常に少なく(全部で約50チーム)、
    1つの区で3,4チーム程度しかありません。
    また、私がいたチームもそうでしたが、各チームの指導者の人数が少ないチームが多く、
    20~30人を一人で指導、といったケースが起こります。
    いわゆる詰め込み式です。

    自分自身も大した指導は出来ないのですが、
    指導者の資質については、永遠のテーマですよね。
    JFAがもう少し少年期における指導内容を具体化して提示すべきかなと思うのですが、
    最終的には、子供達の前にいる指導者がどう解釈するかに委ねられるので、
    トップダウンだけでも駄目なんでしょうけど。。

    ちょっとまだ未定ですが、
    近々東京周辺に戻る予定ですので、
    もしNSPさんで少年サッカーチームを立ち上げるようでしたら、
    声をかけてくださいね。

  2. sasaki様

    コメントありがとうございます。
    子供に「教える」なんてのは私の中ではナンセンスで、子供とともにサッカーをしていく中で伝えるということを自分では心がけています。

    指導という範疇を考えると、本当に難しいものが多いと思っていますが、それを解決するべく同じクラブだけではなく、さまざまなクラブと交流し、互いに学んでいく中でより良いものが生まれていけばと思っています。

    たまたま私たちのスクールでは素晴らしい選手が出てきましたが、それは彼が素晴らしく、またご家族の理解があったからこそだと感じています。

    そこをどう伸ばすことができるのかというのが、指導者に託されたものでしかありません。

    たいへんに難しい課題ですが、ぜひ一緒にグラウンドにたって言葉を交わしたいですね。

  3. teachingとcoachingの違いですよね。
    子供達の引き出しを増やしてあげるために、どう問いかけるか、
    一人一人子供達の特徴は違うので、どう伝えたら子供達は次のステップへ行けるか、
    それをタイミングよく瞬時に伝えられるか、そういったところが上手い指導者に私は惹かれます。

    実際の残念な現場では、試合中は特にですが、
    指導者が子供達を将棋の駒の如く動かしているケースが多いですよね。
    試合に負けると、指導者が悔しくて?試合で疲れている子供達にグラウンド一周!とかさせちゃったり。。

    後程、facebookでお友達申請させて頂きますので、
    よろしくお願いいたします!

  4. 江戸川区のチームでボランティアコーチをやっているものです。
    気持ちは固まっているのですが、多少迷いもあって「ボランティアコーチ 限界」でたどり着きました。

    私自身は2017年3月をもって子供と一緒にチームを退団することにしています。
    理由は2つ。
    一つは「私自身のやりたいこと」ができなくなってしまったこと。
    もう一つは、チームを強くしていくなかで自分の子供はついていけないと本人も私も判断したことです。

    多分の自分の中に「子供たちにサッカーの楽しさを教えたい」とかという気持ちがもっとあれば続けていたかもしれません。
    自分の学年の方針はどちらかというと「強くなる」になっています。
    そこについていけない、強くなるよりも、私のように大人になってもサッカーボールを蹴りたいという所につなげたいという気持ちと合わないというのでモチベーションが保てないのかもしれません。

    そしてなにより私自身は身体を動かすことが好きで、ランニングをしたりロードバイクに乗ったりしています。
    その時間を定期的に確保できなくなってきていることも気持ちが切れた原因です。

    ボランティアとしてやるときには本人のモチベーションがすごく大事だと思っています。
    僕自身はやはり無償よりも有償という対価が大事だと思います。
    そこがモチベーションにもつながりますし。

    モチベーションを保てなくなったら苦しいなというのがわかったので一旦離れてみようと。
    またやりたくなったら戻るつもりではいます。

    ぜひ素敵なサッカー選手をこれからも育ててください。

  5. Masudaさん

    コメントありがとうございます。

    まずはお疲れさまでした。

    悩まれた結果のことだと思いますので、決断はたいへんだったのではないかと想像します。

    いったん離れてみて、またやりたいと思ったらチャレンジしてみてください。

    自分も楽しまなくてはなりませんね!

Join the Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です