長崎市サッカースクール参加のご報告

記事中にあります通り

同イベントは元Jリーガーの高木成太さんと、J1仙台の兵藤慎剛選手(いずれも国見高出身)が「プロとしての経験を長崎に還元したい」と県内のサッカー関係者に協力を募り、2017年に初開催。3回目の今年はNBC長崎放送の主催で、過去最多となる10人の現役プレーヤーが参加した。

ということで、高木成太が発起人の一人であり、その関係でお手伝いにいってきた次第です。

参加してくれた子供達、Jリーガーの皆さん、スタッフの皆さん、関係するすべての方に感謝申し上げます。

2018年のNSPまとめ

今年一年を振り返ってみることにしましょう。

まずはサッカースクール

こちらは「スポーツコミュニティ東葛」としてリスタートし、毎週土曜日の9時より葛飾区奥戸二丁目公園にて行っております。
体験は随時受け付けておりますので、幼稚園年中~小学校6年生まででサッカーをやってみたい少年少女向けに開催です。

台東区リーグ

NSP Taitoとして参戦二年目ですが、安定の最下位^^;
言い訳をさせていただければ、Over40カテゴリのメンバーでOver40の準備としてやっているということもありますし、少年チームのコーチが来られなくなったときに急激にメンバー数についてのピンチが訪れます。
来年は若返りをはかろうと思っているので、決勝トーナメントには進みたいですね。

台東フットサルリーグ

大会がはじまって二年目で4シーズン行われました。
うちNSP Taitoは三期優勝をしており、常勝軍団となっています。
こちらも年代的には高いのですが、狭いスペースということで活躍できるのでしょうか^^;
来年も優勝を目指して頑張ります。

工藤個人として

そろそろOver40の下地ができましたので、過去にNSP CLUBに所属していた連中が40歳となる段階で東京都シニアの登録を目指します。
トップチームはそれが落ち着いてから改めてキックオフの予定としました。
あわててもいいチームができませんので。

審判としては今年もアクティブレフェリーとして活動させていただきましたが、来年も継続予定としており3月に12分間走できっちり距離をだしておかないとなあ・・・(と他人事w

選手としてはFC武蔵ユナイテッド50で参戦いたしますが、まずは全国大会出場をメンバーと目指していきます。
へたっぴいではありますが、少しでもチームに貢献できるよう努力を続けていこうと思います。
東京都シニアについては当然ながら優勝し一部昇格を勝ち取りたいですね。

来年もサッカーができる喜びを感じながら、できることをしていこうと思います。

小野寺湧紀が東京武蔵野シティに入団

幼稚園の頃から知っている子・・・いや若者が、JFLのプレーヤーになることが決まった。

夢のJリーガーを目指して、もう少し頑張らなければならないのだろう。

小学校時代は我が長女の同級生であり、運動神経が抜群でかつたいへん真面目で、努力家で気持ちのいい奴だった。

関東社会人リーグで、湧紀は選手として、私は審判として江戸川陸上のピッチに立ったことは忘れていない。

あれほど幸せなこともそうそうないだろう。

あとはTリーグと入れ替え戦だったかな?

来年から武蔵野シティの試合を見に行かなくては。