関東でJリーグを目指すクラブ2016年度最終結果

全国地域チャンピオンズリーグが終わったので、関東でJリーグを目指すクラブの2016年度最終結果を掲載します。

関東でJリーグを目指すクラブ2016年度最終結果

状況クラブ名20172016HOME
STAYブリオベッカ浦安JFL通算11位浦安市
STAY東京武蔵野シティFCJFL通算12位武蔵野市
全国地域チャンピオンズリーグの壁
STAYTOKYO23 FC関東一部1位

全国地域CL一次L敗退
江戸川区
STAYVONDS市原FC関東一部2位

全国社会人出場
市原市
STAYつくばFC関東一部5位

全国社会人出場
つくば市
UP!!!LB-BRB TOKYO関東一部関東二部1位文京区
STAY早稲田ユナイテッド関東二部8位西東京市
関東の壁(以下は東京都限定)
STAYCriacao東京都一部2位

関東参入戦3位
新宿区
UP!!!八王子FC東京都一部東京都二部2B1位八王子
DOWNフエンテ東久留米東京都二部東京都一部12位東久留米市
DOWNスペリオ城北東京都二部東京都一部13位北区
STAYFC GIOCO世田谷東京都二部2B2位世田谷区
STAY南葛SC東京都二部3B2位葛飾区
STAYアローレ八王子東京都二部3B4位八王子市

上位リーグへの参戦が決定したのは二チームのみでした。
・LB-BRB(2017年は東京ユナイテッドFCに改称) 関東一部へ昇格
・八王子FC 東京都一部へ昇格

反面、降格したのも二チームでした。
・フエンテ東久留米 東京都二部へ降格
・スペリオ城北 東京都二部へ降格

降格の危機となったのは早稲田ユナイテッドでしたが、関東二部で踏みとどまりました。

東京都一部から関東への昇格を逃したのはCriacaoで、今年も悲願の関東リーグ参入はなりませんでした。

東京23FCは全国地域チャンピオンズリーグに進出しましたが、一次リーグ敗退してしまいました。
一戦目のPK勝ちが最後まで尾を引いた形となり、また最終戦のFC鈴鹿アンリミテッド戦で、本気でJFL昇格を狙い三度目のチャレンジとなったチームと対戦し、その力の差を見せつけられた形となりました。
気になるのは東京23FCの今後の活動についてですが、資金不足とならないように支えていただいているスポンサーの皆様には、応援をお願いしたいと思います。

資金不足が聞こえてきているのはブリオベッカ浦安で、主力7名が移籍を選択するという事態となっています。
JFL一年目で11位という結果で、JFLの厳しさを味わっているようですが、こちらも今後が気になるチームです。

新しく名前が変わる東京ユナイテッドFCも資金は潤沢と聞いていましたが、思ったよりも東京大学や慶應大学関係者からの支援が得られていないと聞こえてくるのですが、来年が勝負の年となるのではないかと感じています。
理念としては正しい方向に思えるので、学校のクラブを母体としたJリーグチームが出るというのも、期待したいところではあります。

スペリオ城北は念願の東京都一部へと進出し、補強をしたのですが残念ながら降格となってしまいました。
また昨年東京都二部でわずかの差で一部昇格を逃したアローレ八王子ですが、今年はなんと4位となってしまい昇格を逃しています。
南葛SCは三菱商事サッカー部が断トツで抜けてしまったため、初めての二部を二位で終了しましたが、補強を考えると一部に上がらなければならなかったのではないかと思います。

東京カップで来年度の選手が少しずつ入ってきたりしているわけですが、上位をうかがうチームは既に来年の体制を作り上げてきているように思います。

来年はこの表がどういう風に変わるのか楽しみであると同時に、関東からJFL参入チームが生まれるのかが(特に東京のチームが)焦点となります。

個人的に八王子は二チームに分かれているため、何らかの方策を取った方がよいように思います。

注目は東京23FCと東京ユナイテッドFCでしょうか。

試合のレベルと審判のレベルと誤審

このエントリーは自身がレフェリーをしていること、インストラクターをしていることを無視して、サッカーを見るという観点からのみ書いています。

試合の規模や大会によって、審判のレベルが変わってくることになります。

国際試合では国際審判員が、その国の国内リーグでは国内最高峰の審判が、地域リーグの場合には地域所属審判員が、都道府県リーグの場合には都道府県リーグの審判がそれぞれ担当することになります。

そして、審判員というのは一つの試合で最低三人で構成をされます。

U-12の40分から通常の90分まで、それぞれ試合時間が設定されていますが、審判員にはその試合の中で基準を一定にしていなければなりません。

しかし、その基準が一定ではないと思われたとき、試合が荒れてしまったり、不利だと思われる側の選手やコーチがクレームを言ったりとなってしまいます。

当然ながら不利だと思うだけの材料が散見されるようでしたら、審判はその責を負わなければなりませんし、なによりも試合の結果を含めて最終となる主審の判断は、クレームをつけようがなにをしようが覆ることは基本的にありません。

ですが、誤審や不利だと思われる判定については、その理由がはっきりと第三者にも見えるようであれば、審判員は猛省するべきではないかと思うのです。

審判員としてはたった一回の誤審だった、もしくは判断の間違いだったとしても、もしかしたら負けた方にとっては人生が変わるチャンスだったかもしれないのです。

ですから審判員はそれだけの覚悟をもって試合に臨むべきだと思います。

それがプロフェッショナルの世界であれば当たり前のことです。

私たちが通常担当するアマチュアサッカーでさえも、もしかしたら人生を左右することがあるかもしれません。

都道府県レベルであったとしても、Jリーグを目指すようなチームもあるわけですし、この一戦の勝敗が来年の地域リーグ、その次のJFLやJリーグへとつながることもあるのです。

そのため、アマチュアのレフェリーであったとしても、その覚悟で行うべきだというのは普通のことだと思っています。

そこを特に主審担当者は理解をして、試合に臨む必要があるのではないでしょうか。

その反面・・・とでもいえばいいのでしょうか、監督やコーチ、選手から審判へのリスペクトが足りないと思うことも多々あるように感じています。

いまだに「ライマン」という言葉が蔓延しています。

ラインズマンの意味は「ラインを監視する人」であるわけですが、現在のサッカーではラインだけを監視するわけではないということで「アシスタントレフェリー」となっています。

つまりは、レフェリーの監視をお手伝いする人であったり、ベンチへのコントロールを行うべきであったりと、レフェリーが任命するべきアシスタントであるということなのです。

ところが、選手の中にはオフサイドラインとボールを触った場所が違う(走っているのですから、場所がずれるのは当たり前です)といってはクレームをしたり、近い距離でのタッチアウトに対して当たっている当たっていないでクレームを言ったりと、残念ながらリスペクトに欠ける競技者や役員が相当数いるというのは事実であり悲しいことだと感じています。

昨日のクラブワールドカップにおいて、レフェリーに思うことはあります。

しかし、試合の結果を含めて最終であるレフェリーの判断に従わなければならないわけですし、「たられば」は通用しないのですから今何かを言ったとしても変わることはありません。

もちろん審判レベルの向上はグラスルーツからトップレベルまで向上させなくてはならないと思っていますが、それはサッカーをプレーする人、見る人すべての人にレフェリーもリスペクトしてもらわねばレベルの向上を果たすことはできないと考えます。

誤審単体には厳しいことがあったとしても、レフェリーには責めを負わせないでいただきたいと願う次第です。

高いプレーレベルを持った審判の登場と、競技規則と

12月3日、味の素スタジアムでFC東京と東京武蔵野シティFCの練習試合が行われました。

そのレフェリーに立ったのは、拙Blogでも紹介したことのある御厨貴文さんでした。

【紹介記事】FC東京と東京武蔵野シティFCの練習試合は主審がサプライズ!? なんとレフリーは御厨貴文さん(2016/12/03)-タグマ
【拙Blog】Jリーガーからレフェリーへ!

Jリーグのトップレベルでのプレー経験がある御厨さんのレフェリングを見ることはできませんでしたが、当日にプレーヤーとして参加していた選手に感想を聞くことができましたが、「選手の気持ちや、プレーの強さを理解してくれる元Jリーガー審判がもっと生まれてほしい」というもので好評だったのだと思います。

Jリーグのレフェリーのレベルがどうこうというわけではないのですが、プレーヤーとしてはそのベースにあるサッカー経験が気になることもあるのは事実です。

プレーレベルに応じた危険なファウルを察知することができるのかというのは、重要なファクターになると思っています。

例えば、私が経験したものではボールを保持してドリブルをはじめ、あと数歩でトップスピードという前傾姿勢の時に、「トン」と背中を押されただけで前方へ転倒の危険性があります。

しかしながらレフェリーはサッカーコンタクトだと認識してファウルにしない場合、私はストレスがたまることになります。

実際に私は転倒しそうになり、相手選手へ「危ないじゃないか」と言いましたし^^;

ところが相手競技者もレフェリーがファウルとしないのですから「危ないだろ」と言ったとしても「レフェリーが取ってないんだから問題ないんだよ」となります。

ですが、意図を持ったファウルであるのは事実であり、無謀に行った場合には警告が示されることになります。

そうしたある程度レベル以上のプレーヤーとしての経験が、レフェリーにはない方がまだまだ多いため、そうした経験を持ったレフェリーを増やしていくのも日本サッカーには必要なのだと感じます。

先ほどのプロサッカー選手の話で、気になることがありました。

「指先で押したとしても、ボディコンタクトになるので厳密に言えばファウルになる」と言っていました。

その時は時間がなかったので説明ができませんでしたが、指先でチョンと押すくらいでは「直接フリーキックとなる反則」にならないのは、競技規則に書かれています。

競技規則のP.81を見てみましょう。

ファウルと不正行為

12条
ボールがインプレー時に反則や違反があった場合にのみ、直接、間接フリーキックまたはペナルティーキックを与えることができる。
1. 直接フリーキック
競技者が次の反則のいずれかを不用意に、無謀に、または、過剰な力で犯したと主審が判断した場合、直接フリーキックが与えられる:
• チャージする。
• 飛びかかる。
• ける、またはけろうとする。
• 押す。
• 打つ、または、打とうとする(頭突きを含む)。
• タックルする、または、挑む。
• つまずかせる、または、つまずかせようとする。
身体的接触を伴う反則が起きたときは、直接フリーキックまたはペナルティーキックで罰せられる。
• 不用意とは、競技者が相手に挑むとき注意や配慮が欠けていると判断される、または、慎重さを欠いてプレーを行うことである。懲戒処置は必要ない。
• 無謀とは、相手競技者が危険にさらされていることを無視して、または、結果的に危険となるプレーを行うことであり、このようにプレーする競技者は、警告されなけれ
ばならない。
• 過剰な力とは、競技者が必要以上の力を用いて相手競技者の安全を危険にさらすことであり、このようにプレーする競技者には退場が命じられなければならない。

ここに書かれているのは、直接フリーキックになる7つの条件です。
「チャージする」「とびかかる」「ける、またはけろうとする」「押す」「打つ、または打とうとする」「タックルする、または、挑む」「つまずかせる、または、つまずかせようとする」
先ほどの「指で押す」というのは「押す」という部分に当たります。

しかし、ファウルの判断では、それらが「不用意に」「無謀に」「過剰に」行われたときに直接フリーキックが与えられることになりますので、「指でチョンと押す」という行為は「直接フリーキックとなる反則」になることはありません。

厳密に言えば「反則」であるとも読み取ることはできますが、直接フリーキックとなる反則ではないため、試合には影響を与えることのないボディーコンタクトが問題ないのは議論に値しないため避けますが、彼の意図しているであろう「反則」とは試合に影響を与える反則と言葉の中で読み取ることができたので、競技規則に書かれているものは違いますと伝えたいと思います。

・・・ので、関係者の皆さん彼に伝えてあげてください^^;