さあ新しいシーズンの始まりだ!

・・・って、U-15やU-18はもうシーズンインしていますし、東京都社会人も今週末からスタートします。

4月を待っているとシーズンが終わらないので、こんなスタートですが審判員の皆さん準備はいいですか???

先日、東京都では毎年恒例のフィジカルテスト(クーパー走、他地域はインターバル走)も終わり、それぞれに体の準備をしていると思います。

もちろん知識としての準備も怠りないと思いますが、まだ2018/2019ですので競技規則を間違えないようにしましょう。

・・・って、自分自身にも問いかけてみる。

小学校に入って新しく始める子供たちもいるでしょうが、そういう子供たちが楽しむためにもコーチや審判が彼らの手伝いをしてあげるべきだといつも思っています。

そのため、先日書いたようなコーチではなく、サッカーを楽しむにはどうするかという問いかけをしながら自分も楽しむことのできる、そんなコーチングを目指していただければと思います。

自分がコーチとしてやっていて面白いと思うことのできないことが、子供たちにとって楽しい・・・どころか面白いことなどないと考えるため、自分も楽しみながら一緒にやっていく、それくらいの気持ちでいいのではないでしょうか。

このブログの以下のエントリーはよく読みに来ていらっしゃいます。

こんなお父さんコーチを今も応援しています。

育成年代でコーチの言葉はどう響くか

審判で、観戦者としていろいろなカテゴリ、試合を見ているのですが、まだまだ育成年代のコーチの言葉が乱暴だと感じることが多くあります。

鼓舞しているという方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながら端から聞いているとそうは聞こえないなんてことも多く、自分だったらもしかしたらめげていたのではないかなどと考えてみたりもします。

私が学んだコーチたちは練習では厳しいことが多いように感じました。

練習の時にさまざまな問題をつぶすことを重要視していたため、試合では全くと言っていいほど怒鳴るとか、文句を言うとかはありませんでした。

交代後にコーチの前に立たされて説教なんてことは全くありませんでしたが、ミスを繰り返した時などにはあっさりと変えられるので、自分が気が付かなければ次の機会はなかったように感じました。

試合後のミーティングでは場合分けによったコーチングがされるわけですが、例えば得点を取られたシーンの再現を作戦ボードで再現しながら、その時の選手の気持ちであったり、フォーメーションによる気づきがあるようにコーチングをしていました。

それもこれも今自分がわかるから気が付くことなのですが、自分が育成年代の時には全く気が付かなかったわけです。

しかもぴったり私の育成年代にかかわっていたコーチすべてが同じような方だったのは、それぞれ札幌や北海道、JSL経験のあるコーチでプロフェッショナルの方がかかわっていたからなのだと思っています。

自分はレフェリーのミスジャッジには結構厳しかったりしますが(競技規則を知らないということに対して)、判断ミスなどに対しては言いませんし、なにより競技者に対しては問いかけはしてもクレームをつけるようなことはありません。

それは自分がしていただいたことへの感謝からです。

こうしたコーチが増えてほしいものだと切に願っています。

アクティブレフェリー頑張っています

審判以外のみなさん、こちらの写真を見てください。

この写真はなにかと言うと、これからクーパー走(12分間ひたすら走って距離を測る)のために準備をしている審判員です。

東京都の200名ほどのアクティブレフェリーの約1/4が昨日計測に臨みました。

これからのシーズン(実際にはTリーグなどはシーズンが始まっていますが)、その審判員がどのレベルを担当するのか振り分けられる可能性のある距離ですので、みんな真剣に走るわけです。

しかも一回勝負。

四回走るチャンスはあるのですが、一度しか計測できないため一回勝負なのです。

私は日曜日に怪我をしたにもかかわらず走るのは、ここで走ったという結果を出さないと、東京都サッカー協会より審判の割当をもらえなくなるからで、しかも四回のチャンスの最終回だったからなのです。

4月には競技規則の研修会がありますし、こうやって審判員は努力をして、結果を出して割当を受ける準備をするのです。

こういう裏の努力を知っていただいて、試合の時に割当で行っている審判をリスペクトしてもらえればと思います。

ん?工藤がシニアの選手としてどうかって?

リスペクトしているに決まっているじゃないですか。