セレクション御礼

11月15日のセレクションにお越しいただいた皆様、たいへんありがとうございました。

FC東京のセレクション前日、雨天、既存ジュニアチームの練習試合などという忙しい中、いらしていただいた皆様に感謝いたします。
一年目の新規チームになるので、どうやってメリットを見出すのかというのが一番難しいのですが、もし最悪本登録前の登録が認められなかった場合の公式戦ができないというのを、私設リーグなどで解消できるようにも考えていかねばなりません。
ユース、ジュニアユースチームの登録というのは制約があるのは知っていましたが、これほどの制約にまみれているとは夏場までは想像もつきませんでしたが、ひとつひとつ解決してまいります。
さて肝心のセレクションですが、高木と終了後ミーティングをして個々の選手のことを話しました。
ひとつは「セレクションに来ている人のほとんどは、最低限のスキルは満たしている」というもので、あとは気持ちの部分を見たいというものでした。
J傘下チームでもありませんし、関東リーグに参加しているチームではないわけですから、突出したスキルがある子供を要求しているわけでは当然ありません。
もちろん素晴らしいスキルを持った子供が選手としてうちに来たいということがあれば、高木と一緒にやりたいというのであれば素晴らしいこととは思いますが、やはりそういう選手はもっと良い環境に身をおくべきだと個人的には思います。
だからといって応援しないなんて小さなことは言いません。
NSP CLUB Junior Youthも大切ですが、日本のサッカーも大切なことだと思っています。
そんな小さなことを考えてジュニアから社会人までのクラブを作るなどとは言っていませんし、Jではないけれども地域のチームとして「良い環境」を作るための作業をしていきたいと思っています。
セレクションに関しては、12月から3月に2回から3回行うことにしました。
次回が決定しましたらホームページその他でお知らせいたします。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です