関東でJリーグを目指すクラブ2016年度最終結果

全国地域チャンピオンズリーグが終わったので、関東でJリーグを目指すクラブの2016年度最終結果を掲載します。

関東でJリーグを目指すクラブ2016年度最終結果

状況クラブ名20172016HOME
STAYブリオベッカ浦安JFL通算11位浦安市
STAY東京武蔵野シティFCJFL通算12位武蔵野市
全国地域チャンピオンズリーグの壁
STAYTOKYO23 FC関東一部1位

全国地域CL一次L敗退
江戸川区
STAYVONDS市原FC関東一部2位

全国社会人出場
市原市
STAYつくばFC関東一部5位

全国社会人出場
つくば市
UP!!!LB-BRB TOKYO関東一部関東二部1位文京区
STAY早稲田ユナイテッド関東二部8位西東京市
関東の壁(以下は東京都限定)
STAYCriacao東京都一部2位

関東参入戦3位
新宿区
UP!!!八王子FC東京都一部東京都二部2B1位八王子
DOWNフエンテ東久留米東京都二部東京都一部12位東久留米市
DOWNスペリオ城北東京都二部東京都一部13位北区
STAYFC GIOCO世田谷東京都二部2B2位世田谷区
STAY南葛SC東京都二部3B2位葛飾区
STAYアローレ八王子東京都二部3B4位八王子市

上位リーグへの参戦が決定したのは二チームのみでした。
・LB-BRB(2017年は東京ユナイテッドFCに改称) 関東一部へ昇格
・八王子FC 東京都一部へ昇格

反面、降格したのも二チームでした。
・フエンテ東久留米 東京都二部へ降格
・スペリオ城北 東京都二部へ降格

降格の危機となったのは早稲田ユナイテッドでしたが、関東二部で踏みとどまりました。

東京都一部から関東への昇格を逃したのはCriacaoで、今年も悲願の関東リーグ参入はなりませんでした。

東京23FCは全国地域チャンピオンズリーグに進出しましたが、一次リーグ敗退してしまいました。
一戦目のPK勝ちが最後まで尾を引いた形となり、また最終戦のFC鈴鹿アンリミテッド戦で、本気でJFL昇格を狙い三度目のチャレンジとなったチームと対戦し、その力の差を見せつけられた形となりました。
気になるのは東京23FCの今後の活動についてですが、資金不足とならないように支えていただいているスポンサーの皆様には、応援をお願いしたいと思います。

資金不足が聞こえてきているのはブリオベッカ浦安で、主力7名が移籍を選択するという事態となっています。
JFL一年目で11位という結果で、JFLの厳しさを味わっているようですが、こちらも今後が気になるチームです。

新しく名前が変わる東京ユナイテッドFCも資金は潤沢と聞いていましたが、思ったよりも東京大学や慶應大学関係者からの支援が得られていないと聞こえてくるのですが、来年が勝負の年となるのではないかと感じています。
理念としては正しい方向に思えるので、学校のクラブを母体としたJリーグチームが出るというのも、期待したいところではあります。

スペリオ城北は念願の東京都一部へと進出し、補強をしたのですが残念ながら降格となってしまいました。
また昨年東京都二部でわずかの差で一部昇格を逃したアローレ八王子ですが、今年はなんと4位となってしまい昇格を逃しています。
南葛SCは三菱商事サッカー部が断トツで抜けてしまったため、初めての二部を二位で終了しましたが、補強を考えると一部に上がらなければならなかったのではないかと思います。

東京カップで来年度の選手が少しずつ入ってきたりしているわけですが、上位をうかがうチームは既に来年の体制を作り上げてきているように思います。

来年はこの表がどういう風に変わるのか楽しみであると同時に、関東からJFL参入チームが生まれるのかが(特に東京のチームが)焦点となります。

個人的に八王子は二チームに分かれているため、何らかの方策を取った方がよいように思います。

注目は東京23FCと東京ユナイテッドFCでしょうか。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です