若手審判員の活躍を祈っています

まだお会いしたことはありませんが、菊池俊吾さんという若手の審判員がいます。

高校まではジェフユナイテッド千葉の下部組織でプロを目指していたという彼ですが、断念して審判員となったことが書かれています。

私がたまたま仲良くさせていただいている審判の中に御厨くんがいるわけですが、彼はJリーグで選手を経験して引退してから審判員の道でしたが、私は常々高校や大学でレベルの高いプレーを経験していて、プロになれなかった人の中からもそうした審判員が出てくるべきだと思っています。

なぜならよくサッカーを知っているからこそ、彼らにその判断をしてもらいたいと願うからです。

もちろんお子さんがサッカーをはじめたから4級を取ってという方の中にも勉強を重ねて優秀な審判員になったのは何人も知っていますが、学生時代によりレベルの高いサッカーをしていたことにより、そのスタート地点が違う人たちが出てくるのではないかと感じるからです。

そういうレベルの高い若手が競い合って、将来はプロリーグの審判として活躍するような未来があれば、もっとサッカーの試合が楽しくなるのではないかと思うわけです。

立場的に特定な誰かと仲良くなることで勘違いされるのを防ぐためにも、誰それを応援しているとかいうことはできないわけですが、こうした菊池君のようなまだ少ないケースについては、ぜひともその後を追いかけていきたいと思います。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です