準備段階

社会人は22日から北区、4月から都リーグがはじまります。
2月はめいっぱい休んだので、今週末からばりばりに体を動かして試合に臨みます。

さてジュニアユースですが10名程度の参加がほぼ決定し、残りは迷っている子供たちに魅力をどう伝えるかという部分につきると思っています。
先週、今週と雨のために練習会もつぶれてしまい、せっかく体験に来る予定だった新規の子供たちにアピールできればと思っていたのですが、残念ながら天候には勝てませんでした。

ということで14日16時から練習会を行います。

そういえばあちらこちらから私達の噂というものを聞いたりします。
会ったこともない協会の方に「悪い噂ばかり聞こえてくる」というのですから少々驚いてしまいました。
NSP Clubとして二年間なにもしていないという状況であるのになぜ「悪い指導」というのが話としてでるのかが理解できません。
同じ話を社会人連盟にしたなら「そんなことはないでしょ」と一笑されるのだろうなと思うのですが、人のうわさというのはどこでどう発信されるのか全くわからず、また尾ひれがつくのですから私達は粛々と正しいと思うことを進めるしかないのだと考えています。

スクールは新学期からの申し込みを受け付けしようと思っていたらお問い合わせや体験に来ていただき、微増という状況になりました。
ありがたいことにトレセンの一次を通った子供が二人、残念ながら一人は二次で落選してしまいましたが、私達のスクールがなにかのお手伝いができていたのだとしたら、たいへん嬉しいことだと思っています。
この三年間続けて参りましたが、お預けいただいたお子さんの中から台東区、江戸川区のトレセンに選抜されることができ、また二人中野区と葛飾区にチャレンジする子供がでてきたというのは頼もしく、またより一層サッカーへの前向きな取り組みを期待してスクールに臨もうと考えています。

まだまだ人数は少ないながらもこうして子供たちが結果を出してくれるのは、たいへんありがたいと思っているのですが、それは私達だけの成果などとおごった考えなどなく、むしろ前向きだからこそ私達のスクールに通うことを決め、練習を一生懸命にやり、参加しているチームで努力した結果でしかないと思っています。
ですが子供からスクールのおかげ!と言ってもらえると、本当に幸せになります。

子供たちの将来への手伝いができれば、こんな幸せなことはありません。
そのお手伝いのひとつとしてNSPクラブというのを設立したのは間違いではないと思っています。
今後も努力するのみです。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です