欧州CLミランが先勝

NSP CLUBと同じロッソネロ(誰だ?うちが真似したというのは)のACミランがジュゼッペメアッツアでバルセロナを2-0で下した。

ミランの「美しい夜」を味わうアッレグリ監督 – UEFA.com
掲載: 2013年2月21日(木)

FCバルセロナに2-0で先勝したACミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が「美しい夜を楽しむ」よう選手たちに伝えた一方、バルセロナのアシスタントコーチ、ジョルディ・ロウラ氏は、第2戦は「まったく違う展開になる」と語った。
1922330_w2
ミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督
守備面で最高の試合をした。バルセロナがボールをキープしたがることはわかっていたが、我々は決して落ち着きを失わなかった。前半、いくつか面白いカウンターを仕掛けたが、残念ながらキラーパスを欠いた。とても満足しているが、そろそろ(24日のインテルとの)ダービーのことを考え始めなければならない。それも我々にとって重要な試合だからだ。

シャルケ、ジョーンズのゴールで追いつく
第2戦は違う戦いになるだろう。難しい試合になることは覚悟している。だからホームで3点目を奪えなかったのは残念だ。選手たちは(リオネル・)メッシを非常によく抑えてくれた。しかし、カンプ・ノウで生き残り、準々決勝へ勝ち上がるためには、ピッチで今日と同じくらいの激しさが必要になる。前半は両サイドでボールをキープしたバルサに苦しめられたが、我々は集中を切らさなかった。そして結果を得た今、我々はこの美しい夜を楽しむことができる。

バルセロナのアシスタントコーチ、ジョディ・アルバ氏
我々にとってベストの試合ができなかった。問題はあったが、この結果はふさわしいものとは思えない。相手は2つのチャンスをつくり、いずれも生かした。これで我々は、難しい状況に追い込まれた。ここで戦うのは非常に難しいと言っていたとおり、ミランの守備は非常によく組織されており、しっかり守られた。そして、ビハインドを負ってしまい、非常に厳しい状況になった。

相手は守備に人数をかけていたね。相手の先制点には確かにショックを受けた。それでも、我々はチームと、ホームで戦うことに自信を持っている。第2戦は全く違う展開になるだろう。勝負をひっくり返せると完全に信じている。

©UEFA.com 1998-2013. All rights reserved.

カンプノウではこれほど上手くはいかないと思われるため、とにかく一点差以内に抑えることがミランの使命である。

ACミランは今期セリエAでは低迷しており、このままでは来年のCL出場は危険となってくる。
そのためにもまずはここで波に乗る勝利を決めていただきたい。
もちろん両リーグで勝利するというのはたいへんなことではあるのだが、ミラニスタとしては勝利を願うものである。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です