日本代表より全米オープン

語弊があるかもしれませんが、今日のキリンチャレンジカップは参考になるものではないと思っていますし、アギーレ監督のチームとして機能していると思っていませんので、実はあまり期待をしていません。
もっと時間をかけてアギーレらしさが出てきたところが見どころになるのかなと思っています。

で、なによりも今日は全米オープン、そう錦織圭くんです。

今の形のワールドツアーとなって、初の男子四大大会での準決勝進出は初めてですので、やっと日本にトッププレーヤーの男子がでてきたのだと感じています。
松岡修造くんもいいプレーヤーでしたが、トッププレーヤーになるにはサーフェスが限られていましたし、ビッグサーバーとしてのイメージが強いものですから、錦織圭くんとは違う存在だと思っています。
もちろん松岡くんも素晴らしいプレーヤーだったと思いますが、錦織くんはそれ以上の結果を残しているのですから、影響と言う部分での比較はできませんが、実績というところでは錦織くんが間違いなく追い越しています。

それにしてもビッグサーバーを破り、力で押してくるプレーヤーを破っての今回の大会は、ようやくマイケル・チャンコーチの影響がでてきたのかな?と感じるものです。
テニスを知っている方なら間違いなく知っている「マイケル・チャン」ですが、17歳で制した全仏オープンは私の記憶にも鮮明に残っています。

ATP最高ランクも2位と、台湾系米国人、175cmの身長でよくツアー34勝もしたものだと思うのですが、そのストロークを主体としたプレーは、とても体の小さな選手が攻められているというものではなく、ライジングショットでびしばしと攻めるそういうプレーでした。
残念ながらサーバー有利と言われたグラスコートでの戦いである全英ではベスト8が最高ながらも、全米、全豪のハードコートでは準優勝を果たしているわけで、当時のエドバーグ(エドベリ)などというトップ選手と互角に渡り合っていました。
(サンプラスには苦しめられたイメージですが・・・)

とまあ、こんな素晴らしいコーチがついているわけです。

錦織に比較してやかましい人かもしれませんが、体格に劣るアジア系選手でありトッププレーヤーの一人であったマイケルコーチの経験が、ようやく全米で結ばれたのかと思いますが、これが唯一の結果が出た大会とならないように、これからも二人のコーチと三人四脚で上を目指してもらいたいと願っています。

Start a Conversation

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です